【独占手記】楽天・則本昂大 東京五輪 決勝戦直前の「一年後の自分へ」

野球

2019.8.9

n1.jpeg

東京五輪 野球決勝戦をちょうど一年後に控えた今月8日、楽天・則本昂大が一年後の自分へ手紙を送った。

「いま考えたら選考してもらえるギリギリの段階だった。結果的に良かったのかな」

今年3月、右肘のクリーニング手術を行った則本。手術に対し五輪のことは頭になかったと語るが、近年持ち続けた『五輪で金メダル』の夢へ瀬戸際の選択だった。

n2.jpeg

一軍復帰後5試合に先発し、2勝2敗防御率2.67。「身体のメンテナンスの部分で毎試合状況が違うので、そこに対応していくのが難しい」と、初めて右肘にメスを入れた則本は慎重に歩みを進める。

「自分が手術して万全ですよと示すには、結果を出していかないと伝えらない」

n3.jpeg

チームのため、そして東京五輪出場へ。残りシーズンで完全復活を目指す則本が「一年後の自分へ」綴った手紙の内容とは...

n4.jpeg

1年後の自分へ

いよいよ決勝の舞台ですね。
東京五輪が決まってから代表に選ばれたいと思い続けてきた中で、その日がやってきたと考えると嬉しくて仕方ないと思います。
自分のやれる事を考え、求められる事に対して100%で応えられるよう準備をしてください。
そして日本の野球界に金メダルをかかげるために全力でチームのために腕を振ってください。
真夏の横浜スタジアムは灼熱だと思うので、水分をしっかり摂って万全の体調を作って下さい。
人生初の横浜スタジアムで投げる姿を楽しみにしています!

則本昂大

追跡LIVE!SPORTSウォッチャー
放送日:月~金曜夜11時58分/土曜夜11時/日曜夜10時54分 プロ野球、Jリーグなど最新のスポーツ情報をお伝えします。
特集企画「Humanウォッチャー」長編ドキュメント。超大物アスリートや話題の選手&支える家族などに密着。栄光を目指す人々の奮闘に迫ります。