【ラグビーW杯】ラグビー日本代表 アイルランド戦 勝利で示した選手の対応力

その他

2019.9.29

20190929-00010003-tvtokyos-000-3-view.jpg
ラグビー日本代表 写真:ロイター/アフロ

 ラグビー日本代表が前回大会に続いての番狂わせを演じた。9月28日(土)に静岡県のエコパスタジアムにて行われたラグビーワールドカップ2019プールA第2戦で日本代表はアイルランド代表に19-12で逆転勝利を収め、2連勝で勝点を9に伸ばした。

日本は世界2位のアイルランドを後半無得点に抑える守備を見せて、2015年イングランド大会での南アフリカ戦勝利に続くワールドカップ2大会連続のジャイアントキリングを演じた。


日本代表HC、選手を称賛

 ジョセフヘッドコーチは周到な準備と選手の努力が実を結んだと話した。

「アイルランドは質の高いチームだが、我々はこの試合のために、この1年、いや、3年をかけて準備してきた。そこはこちらに分があったと思う」と語った。

アイルランドがキックを使って攻めてきたことに「驚かされた」と話したが、守備では相手に2人がタックルに行くように徹底したと言い、「こちらがリードを奪うと相手はフィジカルにものを言わせて攻めてきたが、それにも準備はできていた」と語った。

ジョセフヘッドコーチは、「今日の試合で目にしたことをコーチとして誇りに思う。チームとして、この国の人々をがっかりさせたくなかった」と話した。

 一方、アイルランドのジョー・シュミットヘッドコーチは、「日本にはおめでとうと言いたい。今日の試合で見せたエネルギー、インテンシティ、スキルは素晴らしく、彼らはビッグチームだ。大きなプレーをした」と話し、リーチ選手や田村選手、ラファエリ選手らの名前を出して日本のプレーを称賛した。

さらにアイルランド指揮官は、「序盤は比較的良いプレーをしていたが、時間が経つにつれてペナルティや日本のスキルに我々は息切れしていったし、プレーがためらいがちになった。日本のプレーは驚きではない。勝つのが非常に厳しいチームだった」と語った。

 この試合の結果、日本は2連勝で勝点を9としてプールAで首位に立ち、1勝1敗のアイルランドが勝点6で2位、1試合未消化のサモアは1勝で勝点5のまま。以下2敗のロシア、1敗のスコットランドが勝点0で続いている。

 シュミットヘッドコーチは「中6日での対戦はきつかったが、次のロシア戦は中5日で臨む。それは我々にとって新たなチャレンジだが、チームの強さはここからいかに反応して盛り返すかにある」と話し、次の戦いへの切り替えを考えていた。

 日本は次にサモアとの第3戦を10月5日(土)、愛知県の豊田スタジアムにて戦う。


取材・文:木ノ原句望