ヤクルト1位 星稜・奥川 ゴジラ級の活躍誓う

野球

2019.10.18

星稜高校の奥川恭伸投手(18)が阪神、巨人を含む3球団からドラフト1位指名され、ヤクルトが交渉権を獲得した。同校から高卒ドラフト1位が生まれるのは、巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏以来27年ぶりの快挙。ヤクルトに1位指名された心境について語った。

ヤクルト1位奥川・巨人5位山瀬 ドラフト2時間前に語った思い

奥川投手コメント

不安な部分がたくさんあったが指名をもらってホッとした。これからが本当の勝負。気持ちを引き締めて頑張りたい。

ヤクルトはチームとファンが一体となっている温かみのあるチームだという印象がある。早くチームに溶け込んで活躍したい。神宮球場で投げた経験があるので、もう一度マウンドに立てるように頑張りたい。そして勝てる投手、チームのエースになれるような投手に成長したい。

松井秀喜さんは自分の先輩であり憧れの存在。そういう選手になれるように頑張っていきたい。