広島1位 “大学No.1”右腕 明治大・森下暢仁「新人王目指す」

野球

2019.10.18

"大学ナンバーワン投手"と呼ばれる明治大学の森下暢仁投手(明大)が広島東洋カープから単独1位指名を受けた。会見では「佐々岡監督に負けない投手になりたい」と大きな目標を掲げた。新人王を念頭に1年目からの先発ローテーション入りを目指す。

森下暢仁コメント

―指名された率直な感想は

幸せな気持ちとプロの世界でしっかり活躍しなければならない責任感がある。勇気を与えられるようなプレーをしたい。高校を卒業する時にはプロに入りたいという気持ちで明治大学に入学した。大学で色々な経験をすることができ最後に良い結果を報告でき恩返しができたと思う。監督、OB、両親には本当に感謝している。

―広島カープのイメージは

広島カープは地元の熱いファンの方が多い。自分が投げれば先輩方が打ってくれるというイメージがある。期待にこたえられるようにやっていきたい。

―入学時に4年生だった現・中日の柳裕也投手について

柳さんがいなかったら自分はここにはいなかったかもしれない。柳さんには1年目から大きな背中を見せてもらった。柳さんの活躍を見て自分も刺激を受けた。また柳さんと同じ舞台で野球ができることを嬉しく思う。ありがとうございました。

―どんな選手になりたいか、憧れている選手は

厳しい世界で勝ち抜いていけるような選手になりたい。小さい頃から前田健太投手を見てきた。エースになれるような選手になりたい。