侍ジャパン 開幕戦 ベネズエラに逆転勝利で白星スタート

野球

2019.11.7

5日、プレミア12(11/2~17 世界ランク上位上位12カ国のチームが参加)の開幕戦で侍ジャパンがベネズエラと対戦し、逆転勝利を収め白星でスタートを切った。

5回、満塁のチャンスで4番・鈴木誠也のセンター前ヒットで2-1。

ベネズエラ打線を止めることができない日本は6回、3失点で2-4とリードを広げられる。

4-3で迎えた8回、満塁のチャンスで菊池涼介のレフト前ヒットで4-4。

さらに続く近藤健介のフォアボールで押し出しで8-4となり、逆転勝利した。

試合終了後、稲葉篤紀監督は「試合の入りはとても難しかったが逆転勝利したので選手も明日からしっかりやってくれると思う。」と語った。

<日本 8-4 ベネズエラ>◇5日◇桃園国際野球場