【野球】北海道初の独立リーグ あの強力助っ人とタッグ完成!

野球

2019.11.16

deai.jpeg
出合祐太代表と江尻慎太郎氏 

来年発足する北海道初の独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」は今月13日、元プロ野球選手の江尻慎太郎氏(42)が特別講師に就任すると発表した。

【野球】来年発足の北海道独立リーグ トライアウトに14歳&イップス経験投手が参加

江尻氏は2001年ドラフト自由獲得枠で日本ハムに入団。その後本拠地移転をした北海道は彼にとって所縁の地。

2010年4月、交換トレードで横浜へ移籍した時以来「たくさん応援してくれた北海道のファンのみなさまにいつか必ず恩返しをしたい」と、想いを抱いていたという。

同リーグの出合祐太代表は「江尻さんは様々なことにチャレンジされている方。新しいことにチャンレンジするリーグに相応しい」と、江尻氏に特別講師就任をを打診した。

人材育成と地域活性化を目的に発足するこの新リーグに、江尻氏もまた心惹かれた。

アスリートのセカンドキャリアのマネジメント事業などを行う「AcroBats株式会社」の事業戦略企画担当であり、専属タレントでもある江尻氏。

「アスリートと地域社会との連携を作り、お互いに成長し続ける関係を作っていくことが私の目標です」と意気込む江尻氏と北海道初の独立リーグのタッグ結成となった。

既存の他地域独立リーグとは発想の異なる「北海道ベースボールリーグ」から、ますます目が離せない。