セルジオ越後が大予言!?今年のJリーグで流行る言葉は “オ〇〇ガ”

サッカー

2020.3.2

サッカー解説者のセルジオ越後が、今年のJリーグ注目選手について言及した。

新型コロナ感染拡大で3月サッカーW杯予選にも影響必至。3月2日にアジア代表者会議

ちょっと早いけど、今年のサッカー界で流行る言葉は「オルンガ」になるんじゃないかなと思う。子供たちがみんな「オルンガ!オルンガ!」と言い出すくらい注目できる選手じゃないかなと思いますね。

アフリカの選手らしく身体能力がものすごい高いんですね。あの体であのスピードは半端じゃないですよね。普通大きい選手は足元もできない選手がいるんですけど、ゴール前のエリアの中のヘディングとか。彼はカウンターの切り札なんだよね。ハーフラインから出て行ったときにほとんど手で取っちゃうくらいの注目の選手だと思うんですよね。

J2で1試合で8点取ったのは相手がどうかなと思っていたんですけども、これはひょっとしてJ1の目玉になってしまう可能性もないことはないですよね。

(昔、人気を博したカメルーンの)エムボマとはちょっとタイプが違う。カウンターの切り札じゃなかったんですよね。彼はすごい身体能力とキック力、ヘディング。オルンガは50mくらい走って全然どうってことない感じで相手をかわして点を取るし、アシストになれる。怖い選手ですよね。

柏レイソルは彼がいなかったらダメじゃないかとっていうくらい。重要な選手。ケガをするタイプの選手でもないですからね。

8点とは言わないけども、毎試合2点3点取る選手が出てきたら機関車になってJリーグを引っ張っていってくれるんじゃないかな。

レイソルはJ2に落ちてJ1に戻って優勝してるからね。ちょっとマークしておいたらいいんじゃないかなと思いますよね。