ソフト日本代表 宇津木監督 東京五輪日程決定に「希望と勇気を与えたい」

ソフトボール

2020.3.31

_ITA4324.JPG
五輪連覇が期待される日本のエース上野由岐子 Photo:Itaru Chiba

ソフトボール日本代表の宇津木麗華ヘッドコーチが31日、新型コロナウイルスの感染拡大で延期された東京五輪が来年7月23日に開幕することが決まり、日本ソフトボール協会を通じてコメントした。

【動画】 東京五輪へ!女子ソフト上野、巨人菅野、ソフトバンク千賀が合同自主トレ

―宇津木ヘッドコーチ コメント

昨晩の「オリンピック開催期間決定」報道に接して、安堵と共に関係各位のご尽力に対して改めて感謝を申し上げます。

現在でも世界中で、大変な困難に立ち向かわれている方々もおられる中で、正直な気持ちとしては非常に複雑ではありますが、この決定により少しでも多くの人々に希望と勇気を与えられれば幸いに思います。

皆様のご期待に答えられるように、引き続き全力で取り組んで参ります。"SOFT JAPAN"への変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。

北京五輪以来3大会ぶりの復帰 かかる連覇の期待

DSC_0350.JPG
日本代表を指揮する宇津木麗華ヘッドコーチ Photo:Itaru Chiba

ソフトボールは2008年の北京五輪を最後に正式種目から除外。3大会ぶりに五輪競技として復活することになり、五輪連覇に大きな期待がかかっている。

北京五輪で優勝投手となった上野由岐子(37)や決勝アメリカ戦でホームランを放った山田恵里(36)など現役を続けるベテランの活躍にも注目が高まっている。