デットーリ騎手「ディープは種牡馬としてもチャンピオンだからね。楽しみ」

その他

2020.5.29

20200529-00010004-tvtokyos-000-2-view.jpg
ランフランコ・デットーリ、武豊 写真:アフロ

一度彼が走り出せば、そこにはいつも大きな「衝撃」が生まれた。日本中を熱狂の渦に巻き込んだサラブレッド・ディープインパクト。そんな英雄が2019年7月この世を去った。

その「衝撃」を受け継ぐものたちがいる。彼らがディープインパクトと歩んだ軌跡。夢の続きに迫る。

ディープインパクト~受け継ぐものたち~ 第8話

ディープインパクトがジャパンカップ(GI)に出走した2006年。この年はヨーロッパから強敵が参戦してきた。

武豊「彼こそ天才だと思いますね」

武豊騎手をして天才と言わしめる、ランフランコ・デットーリ騎手。凱旋門賞連覇を果たしたエネイブルをはじめ、数々の名馬の主戦を務め世界でG1200勝以上のトップジョッキーだ。

20200529-00010004-tvtokyos-002-2-view.jpg

デットーリ「ディープインパクトは素晴らしいチャンピオンホースだった」

デットーリ騎手は1996年シングスピール(イギリス)、2002年ファルブラヴ(イタリア)、2005年アルカセット(イギリス)でジャパンカップ通算3勝。この年連覇をかけて挑むパートナーのウィジャボード(イギリス)は世界4カ国でG1を制し、ヨーロッパ年度代表馬に2度輝いた名馬だ。

強力なコンビが必勝を期して挑んできたジャパンカップ。しかし、ディープインパクト陣営には絶対に勝たなければいけない理由があった。

凱旋門賞 エネイブルが史上7頭目の連覇!武豊クリンチャーは17着と惨敗

「ディープインパクトの全レースに乗りましたが、絶対に負けられない気持ちはあのレースが一番強かった」そう話した武豊騎手。

ジャパンカップの前、ディープインパクトは日本中の期待を背負って挑んだ凱旋門賞で敗戦(3着ののちに失格)。

ディープインパクトの調教師・池江泰郎氏は「ジャパンカップは非常にプレッシャーがかかりました。絶対にディープインパクトの強いところを見せてあげたい。そこで負けるようであれば凱旋門賞で残念な思いをしたのが水の泡になる。そういう思いで戦いました」と話す。

レースの道中、ディープインパクトはウィジャボードをピッタリとマーク。4コーナーで並ぶ間もなくウィジャボードを交わして最後の直線へ。ウィジャボードを圧倒し、自らが最強馬であることを世界に知らしめた。

池江「喜びよりもホッとしました。ディープインパクトがちゃんと答えを出してくれた。ファンに強いというところを見せてくれた」

20200529-00010004-tvtokyos-004-2-view.jpg

あれから14年、デットーリ騎手は今も日本競馬に参戦し、ディープインパクトの子供たちとともにターフを沸かせている。

デットーリ「ディープインパクトは種牡馬としてもチャンピオンだからね。楽しみだよ」

偉大な父との親子制覇を目指してディープインパクトの子供たちが府中を駆け抜ける。


【ディープインパクト】
父:サンデーサイレンス
母:ウインドインハーヘア
生年月日:2002年3月25日
馬主:金子真人ホールディングス 株式会社
生産者:ノーザンファーム
獲得賞金:14億5,455万円
通算成績:14戦12勝 (12-1-0-1)
重賞:10勝(GI7勝)
出走レース:
レース名 着順 騎手 距離 1(2)着馬 オッズ
有馬記念(GI) 1着 武豊 芝2500m(ポップロック)1.2
ジャパンカップ(GI) 1着 武豊 芝2400m(ドリームパスポート)1.3
凱旋門賞(G1)失格 武豊 芝2400m(3位入線)レイルリンク
宝塚記念(GI) 1着 武豊 芝2200m(ナリタセンチュリー)1.1
天皇賞(春)(GI) 1着 武豊 芝3200m(リンカーン)1.1
阪神大賞典(GII) 1着 武豊 芝3000m(トウカイトリック)1.1
有馬記念(GI) 2着 武豊 芝2500m (1着 ハーツクライ)1.3
菊花賞(GI) 1着 武豊 芝3000m(アドマイヤジャパン)1
神戸新聞杯(GII) 1着 武豊 芝2000m(シックスセンス)1.1
東京優駿(GI) 1着 武豊 芝2400m(インティライミ)1.1
皐月賞(GI) 1着 武豊 芝2000m(シックスセンス)1.3
弥生賞(GII) 1着 武豊 芝2000m(アドマイヤジャパン)1.2
若駒S 1着 武豊 芝2000m(ケイアイヘネシー)1.1
新馬1着 武豊 芝2000m(コンゴウリキシオー)1.1