男子100キロ級 ウルフアロン「銀」メダル以上確定!井上康生以来21年ぶり金メダルへ 【五輪柔道】

柔道

2021.7.29

スクリーンショット 2021-07-29 18.27.40.jpg
ウルフアロン Photo:Sachiko Hotaka

◆東京五輪 柔道男子100キロ級(29日・日本武道館)

29日東京五輪の柔道6日目は、男子100キロ級のウルフアロン(了徳寺大職)が準決勝でリパルテリアニ(ジョージア) を下し、決勝に進出。金メダルまであと1勝とした。

ウルフは初めての五輪。同階級では、井上康生男子代表監督が制した2000年シドニー五輪以来となる金メダルを目指している。

◆ウルフアロン 1996年2月25日生まれ、東京都出身。千葉・東海大浦安高-東海大。17年世界選手権金メダル。了徳寺大職。左組み。父はアメリカ出身。1メートル81センチ。