【ソフトバンク】ギータ&ギーマが打線を牽引し3連勝

野球

2022.7.6


<2022年7月5日 楽天 2-6 ソフトバンク @弘前・はるか夢球場>

パリーグ首位を走るソフトバンクは、あのコンビが打線を牽引する。

まずは3回、満塁のチャンスでギータこと4番・柳田悠岐(33)が先制の2点タイムリーを放ちチームを勢い付けると、続いたのはギーマこと5番・柳町達(25)。センターの頭上を越えるタイムリースリーベース。

やなぎコンビの躍動で2位楽天を下したソフトバンクが3連勝となった。

■責任投手
【勝投手】 大関(6勝3敗)
【敗投手】 則本(6勝3敗)
■バッテリー
【福岡ソフトバンク】 大関、森、又吉、モイネロ ‐ 渡邉、海野
【東北楽天】 則本、渡邊佑、福山、西垣 ‐ 太田
■本塁打
【福岡ソフトバンク】 渡邉 3号(4回2ラン 則本)
【東北楽天】