プロフィールボクシング・グランプリ2007 日本×メキシコニュースボクシング・グランプリ2007 日本×メキシコ
記事一覧
  ・メキシコ代表の潜入取材を敢行!
  ・川嶋勝重選手が使用したバンテージを、サイン入りで1名様にプレゼント!!
  ・ボクシング・グランプリ2007、最新情報を放送します!
  ・エドウィン・バレロ 12月8日
  ・川嶋勝重 11月28日 公開スパーリング
  ・細野 悟  11月28日
  ・宮 将来  11月25日
  ・中堅・大曲参戦発表会見 11月24日
  ・エドウィン・バレロ  11月18日 公開スパーリング
  ・川嶋・細野 伊東キャンプ 10月29日~11月5日
  ・ボクシング・グランプリ2007発表会見 11月2日

メキシコ代表の潜入取材を敢行!

副将、ミチェル・ロサダ
1RKO王者バレロに挑むミチェル・ロサダが、逆に1RKO宣言を叩きつけた!
ロサダはメキシコシティから車で約30分の小さな街、トラネパントラでトレーニングに励んでいます。
仕上がりは順調のようで、「バレロのパンチは怖くない。俺は悪魔とでも闘ってやる!チャンスがあったら1Rから倒しに行く!!」とバレロのお株を奪う「逆1RKO宣言」が飛び出しました。 当日は街の広場に巨大スクリーンを設置し、中継を放送するそうです。取材当日も地元の政治家が視察に訪れるなど、地元の期待を一身に背負っているロサダ。「この試合は戦争だ」と語るロサダが、怪物・バレロといかなるファイトを見せるのか、必見です!
先鋒・マリオ・ガルシア
朝、ジムを訪れると、貫禄ある一人の男が静かに座っていました。
その男が突然、激しいトレーニングを開始!
彼こそ、先鋒戦で細野悟と対戦するマリオ・ガルシアだったのです!!
現在32歳のマリオ。“バズーカ男”細野のパンチも「手が3本あるわけじゃないから大丈夫」
と余裕のお答え。しかし、「この一戦にボクシング人生を賭ける。負けたら終わりだ」と、悲壮な覚悟で試合に臨みます。
ヒゲを生やした細野の写真を見やり、「ヒゲ同士で勝負だ!!」といぶし銀の気合がみなぎっていました。
中堅、アレハンドロ・ガルシア
中堅、大曲輝斉と激突するアレハンドロ・ガルシア
今年9月、あの元世界王者、ミゲル・アンヘル・ゴンザレス(東京三太)と対決。
惜しくも判定で敗れましたが、最後までゴンザレスを苦しめた強豪です。
名選手との死闘で自信を深めたアレハンドロは、大曲の印象を「まぁ普通。」と意に返さないご様子。
更に大曲が試合中にパンチを打った衝撃だけで肩の骨を折ってしまった逸話(A級トーナメント、そのまま試合を続行しKO勝ち)については、「打ち方が悪かっただけだろ」と完全に素人扱い。
日本チャンプを素人扱いする男、アレハンドロ・ガルシアから目が離せません。
先鋒&中堅、ガルシア兄弟
マリオとアレハンドロ。風貌こそ全然違いますが、実はこの二人兄弟なんです。 同じアパートで生活し、ジムで練習するのも一緒。ロードワークも一緒に走るし、仕事(水道 工事)も一緒です。 いつでもどこでも一緒の仲良し兄弟マリオとアレハンドロ。 ボクシンググランプリでは仲良く勝利となるでしょうか?
次鋒、ルーベン・エスタニスラオ
日本期待のホープ・宮、危うし!!
次鋒、宮の対戦相手、ルーベン・エスタニスラオの気合が爆発寸前です。
WBCスペイン語圏チャンプ、エスタニスラオは変幻自在の動きで相手を翻弄するテクニシャン。
03年に大阪で洲鎌栄一と対戦し、優位に進めながら判定負けにされた事を根に持っており、「あの試合は勝っていた、判定になると負ける。だから今回はKOで勝つ」と怒りのKO宣言です。
さらに「これまで無敗のホープを4人倒してきた。宮で5人目にしてやる!!」と怒りのあまり
ホープキラーの正体をさらけ出しました!
怒りに燃える恐怖のホープ喰い・エスタニスラオの本領やいかに!?




川嶋勝重選手が使用したバンテージを、サイン入りで1名様にプレゼント!!

あと2週間ほどに迫った1/3ボクシング・グランプリで、日本代表の大将を務める川嶋 勝重選手。 王座返り咲きを目指した調整は、最終段階に入っています。 その川嶋選手からビッグなプレゼントが!
本人自ら使用したバンテージにサインを入れて、1名様に差し上げます。
「このバンテージを手に是非応援してください。必ず勝ちます!その瞬間の感動を、 分かち合いましょう!」 と熱いメッセージも寄せられています。 マニアはこれを手に、気合を入れて応援してください。

募は締め切りました。
  多数のご応募ありがとうございました。

ボクシング・グランプリ2007、最新情報を放送します!

現在、「スポ魂」(月~金23:58OA)および「スポーツ魂」(土23:45~、日23:24 ~OA)で
「ボクシング・グランプリ2007、最新情報」が連日放送されています。
日本代表5人の最新映像がてんこ盛り!特に今日は「史上最強の助っ人」エドウィ ン・バレロの特集です!お見逃し無く!!

また、「ボクシング・グランプリ特集番組」が、下記の通り放送されます。秘蔵映像満載ですのでこちらも御期待ください。
   ・1/1 深夜2:00-2:10
   ・1/2 深夜1:00-1:10
   ・1/3 朝11:00-11:30

下記番組でも「ボクシング・グランプリ、特集コーナー」が放送されます。
   ・12/28(木)深夜0:00-1:00「ぶらり確率旅(仮)」
   ・12/29(金)夜6:00-6:30「アメ横伝説(仮)」

さらにBS-ジャパンでも、特集番組が放送されます。
・番組名「ボクシング・グランプリ、日本代表完全特集」(仮題)
・放送日 12/28(木) よる9:00-10:00
  *再放送 12/30(土) 昼2:00-3:00

どうぞお楽しみに!

エドウィン・バレロ 12月8日

日本代表の切り札、バレロが絶好調です。
12/7から実戦形式の12Rスパーリングを行っているバレロ、「仕上がりは完璧でいつでも試合出来る!」と早くも連戦態勢にあることを宣言しました。 「歴史上最高の選手になることを目指している。“カミナリ”に相応しい試合で必ず日本代表を勝利に導く!」と、自らのみならず、チームの勝利に絶対の自信をみせました。
また、日本代表の大橋総監督も帝拳ジムを訪れ、頼れる助っ人の様子を食い入るように見つめていました。
「野球でいうクロマティやバースといった助っ人以上の頼れる男、バレロの“場外ホームラン級”の秒殺KOを期待している!その衝撃を見て、川嶋も勢いに乗って欲しい」と、最後は愛弟子へ“バレロ効果”を期待していました。

川嶋勝重 11月28日 公開スパーリング

日本代表・大将の川嶋勝重は、打倒ミハレスへ向け、本格的にスパーリングを開始しました。
スパーリングパートナーは、元日本王者で2度の世界挑戦経験がある、本田秀伸選手(グリーンツダ)に決定。日本屈指のディフェンス力を誇る本田選手相手に2週間の予定でスパーリングが行われます。実際にスパーリングをした感想を聞くと、川嶋は、「リーチ、身長もミハレスにすごく似ている。やりづらい面もあるけど、少しずつ慣れていき攻略したい」と、気持ちを引き締めました。

細野 悟  11月28日

11月21日、プロ6戦目のリングに立った細野悟は、タイのランパジット・クムパワプリジムを左フック一撃で倒しKO勝利。そのタイムは、わずか1ラウンド2分4秒!これで3戦連続1ラウンドKO勝利。戦績をデビュー以来6戦全勝5KOとしました。
その細野は、1月3日にむけ、その試合の翌朝から すぐにロードワークを開始。「自分が日本代表を勢いづけないといけない。」と気合十分。また、「倒さないとボクシングしている意味がない。誰でも来い!」と強気のコメントも飛び出しました。アマ2冠の超大物・細野悟は、なんとも頼もしい日本代表の先鋒だ!

宮 将来  11月25日

日本代表の次鋒、宮将来(みや・まさき)は、ふだんベビーフェイスの笑顔をみせますが、ボクシングとなるとその表情は一変。険しい倒し屋に変身します。デビュー以来16戦全勝、現在7連続KO勝ちで、KO率はこの階級では驚異的と言える75%! 「打たせずに打つ」を身上とし、目標は世界チャンピオンです。
今回はWBC旧スペイン語圏チャンピオンと対戦しますが、「この試合に勝って、日本タイトルに挑戦したい。勝たないことには話も来ない」と、危機感を持って連日ハードなトレーニングに励んでいます。

中堅・大曲参戦発表会見 11月24日

謎のベールに包まれていた日本代表の中堅が、大曲輝斉(おおまがりてるよし)選手に決定しました。
大曲選手は、日本ウェルター級王者で現在2度の防衛に成功しています。その魅力は、日本一の怪力です。日本タイトルを奪った試合も、世界を嘱望されていた日本王座3階級制覇の最強王者・湯場忠志選手をわずか1ラウンド40秒で秒殺してしまいました。現在、現役最多連続KO(11連続)記録継続中!大曲選手は、「現役時代の大橋秀行さん(今回の日本総監督)に憧れて、同じヨネクラジムに入門、尊敬している大先輩が総監督だから、頑張って勝ちたい」と、闘志を燃やしました。

エドウィン・バレロ  11月18日 公開スパーリング

日本代表の切り札・史上最強の助っ人として、副将を務めるエドウィン・バレロが報道陣に練習を公開しました。「すでに、いつでも戦える準備はできている」というバレロは、1階級上の世界ランカー、ランディ・スイコ選手を相手に“火の出るようなスパーリング”を披露。スピードある連打で相手を圧倒するなど、調整は順調です。
帝拳ジム所属選手として家族とともに日本に住むバレロは、「日本の為に頑張りたい」と、拳を強く握り締めました。

川嶋・細野 伊東キャンプ 10月29日~11月5日

打倒ミハレスへ、日本代表の大将・川嶋が先鋒の細野悟とともに“地獄のキャンプ”を敢行!
朝6時から15キロのロードワーク。午後からは、ダッシュ、筋トレ。夕方のジムワークでは、20分間連続サンドバック打ち。前回(9月)は夏場の練習だった為、オーバーワークを心配し練習量を落とした為、試合中にスタミナ切れ。今回は、その反省からスタミナ&パワーアップに力を入れ、さらに、ミハレス対策の秘密トレーニングも行っているとのこと。
大橋総監督は、「冬場の川嶋は、1.5倍強い!ミハレスはどうやっても有明の海に沈むでしょう!」とにやり。川嶋も「完璧なキャンプだった」と振り返り、世界王座奪取への自信を深めました。
また、先鋒の細野悟も、川嶋と全く同じメニューをこなしパワーアップ。1月3日の前に、プロ6戦目を迎えるが(11月21日)、「2試合ともKOで勝つ!」と宣言しました。

ボクシング・グランプリ2007発表会見 11月2日

2007年新春、ボクシング界に新たな歴史が始まります。
来年1月3日ゴング、『ボクシング・グランプリ2007日本×メキシコ』の開催が発表されました。
この大会は、「世界最強」を目指し、日本を代表する5人の戦士がメキシコを代表する5選手と団体戦を争う、本邦史上初の国際団体戦です。この日は日本代表・大橋秀行総監督(元WBA・WBC世界ミニマム級王者)をはじめ、日本代表メンバー4選手が会見に出席しました。

大橋総監督が、「この日本で初めて行われる国際団体戦、メキシコ代表を有明の海に沈めちゃいます!」と堂々勝利宣言。引退を撤回し、9月に僅差の判定で敗れたミハレスへ再挑戦する大将・川嶋も、「次は必ずミハレスを失神させる」と、力強く抱負を語りました。

テレビ東京 テレビ東京