NEWS新着情報

2018.02.21

張本智和「日本で一番を取れたので確実に世界は狙える」卓球チームワールドカップ

張本智和(JOCエリートアカデミー)

オリンピック、世界卓球と並ぶ、卓球団体戦"世界三大タイトル"のひとつ「チームワールドカップ」が、イギリス・ロンドンで2月22日(木)に開幕する。男女各12チームのみが出場できる団体戦世界一決定戦となる「チームワールドカップ」男子は、丹羽孝希、張本智和、大島祐哉、上田仁の4選手が出場。張本智和選手に意気込みを聞いた。


― 2018年は全日本卓球選手権大会での優勝からスタート、今年はどんな1年に?

去年と違って今年はいいスタートが切れたので、去年以上にもっと優勝できるようないい年にしたいなと思います。日本で一番を取れたので、確実に世界は狙えるな、という感じです。


― 世界を狙うには、自分自身の立ち位置は?

まだまだ50~60%だと思うので、このまま調子が良ければ、今年中に70~80%までいけるのではないかなと思います。日本で1位になっても世界で一番は取れないので、世界でもっともっと経験を積んでいって、もっともっとタイトルとか獲っていけば、残りの40%が取れると思います。


― 今年は、中学3年生に。大人になったなとか思う?

まだまだ他の先輩方から比べるとオーラも何もないので、少しずつオーラとか出て行けばいいかなって思います。水谷さんとかずっと見ていてすごいオーラだなと思っていたので、自分もあれくらいオーラ出せるように、そのためにも実績とか必要だと思うので。


― 自分の中ではまだオーラは出ていない?

合宿とかでも他の人から「オーラないな」とか「ただの中学生だな」と言われたので、まだまだだなと思いました。


― オーラを出すには?

全日本もまだ1回だけの優勝なので、この1年間もっと活躍すれば認められるのではないかなと思います。


― チームワールドカップ始まるけど、率直な気持ちは?

初めて※シニアの団体なので、楽しみですね。(※2017年のアジア選手権で代表入りも団体戦には出場せず)昨年のアジア選手権の団体戦では、試合前から出られないなと思っていたのですけど、いざ試合出ていない、ずっとベンチだと悔しかったので、今大会は、出たらしっかり点を取りたいなと思います。自分が試合に出たら、自分が思い切り盛り上げて中心に立ってチームを引っ張っていければ一番いいかなと思います。


― 個人と団体で戦い方の違いは?

個人は勝っても自分だし、負けても自分に返るものですけど、団体は自分が勝っても負けてしまうかもしれないし、自分が負けても勝つ可能性があるので、そこが難しいと思います。けれど、同じなのはどっちも勝たないといけない事なので、何も気にせずに勝ちに行きたい。


― 対戦してみたいところは?

ドイツと中国のどちらかには、そこまでは絶対に負けずにいって、そこで相手のエースとか2番手でも勝てればいいかなと思います。海外の選手と比べて5ゲームは自分が慣れていると思うので、ジュニアとかでたくさん5ゲームをやってきているので。7ゲームのシングルスだと1ゲーム目を取っても中々分からないですけど、団体戦は5ゲームなので、1ゲーム取ったら連続で3-0で勝てる可能性もあるので、出だしが一番重要だなと思います。


― 日本チームは?

丹羽さん、大島さん、上田さん3人とも心強い先輩方で、いつも自分が対戦する時は嫌な選手ばかりなので、それが味方になった時に心強いと思うので、楽しみですね。


― 世界からも注目されるプレーヤーになってきていると思うけど、プレッシャーはある?

もし去年、出ていても多少は油断されていたと思うのですけど、今は絶対に油断されないと思うので、相手が100%の力で来た時に自分が勝てたら、そこで本物かなと思います。


― チームワールドカップの目標は?

金メダルだけです。


<チームワールドカップ2018>
●日程:2018年2月22日(木)~25日(日)
●会場:英国ロンドン/カッパー・ボックスアリーナ
●参加国:男女各12カ国
●賞金:総額27万ドル(約2,876万円)/優勝5万ドル(約543万円)
●出場国:
男子:中国、日本、ドイツ、香港、韓国、スウェーデン、フランス、ブラジル、イングランド、エジプト、アメリカ、オーストラリア
女子:日本、中国、香港、台湾、ルーマニア、シンガポール、ブラジル、エジプト、北朝鮮、アメリカ、オーストラリア、イングランド
●放送情報:テレビ東京系列・BSジャパンで連日放送
●番組公式HP:/itwc/

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード