NEWS新着情報

2019.04.16

伊藤美誠「早く試合がしたい。楽しみで仕方がない」世界卓球 出国インタビュー


 世界卓球2019ハンガリー<4月21日~28日・ブダペスト>に出場する伊藤美誠(スターツ)が15日、羽田空港から出発。出発前に取材に応じた。

Q.今の意気込みは

― 一年ってあっという間だなと思いましたし、早く試合したいなっていう一言で。本当に楽しみで仕方がないです。

Q.カタールオープンでの3種目出場から、今大会に向けてどう調整してきたか

― 最近では3種目に出場させてもらうことがすごく多くて、本当に嬉しいです。本当に大変だなと思うことがすごくあるんですけど、たくさん試合ができることは私にとっても、良い経験にもなります。

いろんな反省点というのがすごく見えてきて今回の世界卓球の事前合宿では混合ダブルスと女子ダブルスとシングルスをごちゃごちゃに混ぜて練習したりとか、いろんなやり方で練習して疲れてもやりきるというか、疲れるのももちろんあると思うんですけど、頭の使い方だったり、どうしたらやり切れるかっていうのを、毎日毎日いろんなやり方で、組み換えしながらやっていました。

Q.頭の切り替えに関して見えてきたものとは

― 多分慣れだと思うので、解決法というのはまだ難しいんですけど。本当にごちゃごちゃにやるというか、体の慣れというのもありますし、やっぱり頭の慣れ。

体の慣れはだんだんできるようにはなってきてはいるんですけど、頭の慣れっていうのが少しずつ、本当に少しずつ良くなってきているかなと思います。世界卓球の時は100%大丈夫ということはないと思うんですけど、何があってもしっかり勝つことを一番に考えたいなと。たぶん世界卓球でなら乗り越えられるなと思っています。

Q.体力回復のために日本から何か持っていくものは?

― あんまり特別なものっていうのはないんですけど、私は結構練習前、練習後に味の素さんの体力回復と、体の元気を保つお粉というか、そういうものを頂いていて、けっこう体力回復のために毎日のように練習の時は飲んでいるので。試合の時も欠かさず飲んでいけたらいいなと思います。

Q.中国人選手との対戦について

― 私自身今年に入ってまだカタールオープンでしか試合をやっていなくて、中国人選手にその時は負けてしまったんですけど、力は自分の中で実力もついてきていますし、前回(2017ドイツ)よりも自信をもって戦える世界卓球なのかなと思うので楽しみです。

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事