NEWS新着情報

2019.04.23

世界卓球 丹羽孝希、競り合いに強さを見せて難敵撃破 2回戦進出

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba


「世界卓球2019ハンガリー」<4月21~28日/ハンガリー・ブダペスト>23日の大会3日目、男子シングルス1回戦で世界ランク8位の丹羽孝希(スヴェンソン)が、同81位、パラグアイのアギレを4-1で下し、2回戦進出を決めた。


実力上昇中のサウスポー、アギレ。サービスの切れ味は鋭く、ラリーでも丹羽と互角に打ち合うなど、81位という数字以上にかなりの実力者。

第1ゲーム、10-8で丹羽がゲームポイントとなったところから、まさかの4失点でアギレが先取。相手のサービスが攻略できず、苦しい立ち上がりとなった。第2ゲームもアギレがリードし、若干不穏な空気が流れたが、このままずるずるといかないのが最近の丹羽。終盤で得意の3球目フォア攻撃を繰り出し、逆転で勝利。

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba


続く第3ゲームも、10-10から丹羽が3球目ドライブ、レシーブエースで連取するなど、第1ゲームとはうってかわって、競り合いに強さを見せる。そして、第5ゲームも7-9からの鮮やかな4本連取で勝利をあげた。

日本男子で今一番調子が良いという声も聞こえてくる丹羽孝希。スロースターターなだけに少々危ない場面はあったが、それでも簡単にゲームを落とさなくなったのは成長の証。続く2回戦はさらなる高速卓球を見せてくれるはずだ。

【世界卓球2019ハンガリー】
<男子シングルス1回戦>
丹羽孝希 4-1 アギレ(パラグアイ)
10-12/11-9/12-10/11-1/11-9


  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード