NEWS新着情報

2019.04.28

【世界卓球】みまひな「最後金メダルを取って笑顔で終わりたい」なるか52年ぶりの金メダル


「世界卓球2019ハンガリー」<4月21~28日/ハンガリー・ブダペスト>27日の大会7日目、女子ダブルス準決勝、日本人対決となった伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)対 佐藤瞳/橋本帆乃香(ともにミキハウス)は、4-2で伊藤/早田が勝利をおさめた。

過去4回の対戦で、佐藤/橋本には一度も負けたことがなかったものの、相手の粘り強いカットと鋭い反撃で、今までにないほど苦しい戦いとなった伊藤/早田。

「私たちは最初うまくいかなくて、でもしっかり我慢して我慢して、"相手はカットマンなので打っても抜けない"というのは話し合ってから、そこからすごく良くなったので、その切り替えが良かったと思います」と試合後の早田。

伊藤も「最初はすごい押されたり、自分たちがなかなか入らなくて精神的にも追い込まれる部分があったんですが、落ち着いて最後はできて、自分たちらしいプレーはできた」と振り返った。28日(日)夜9時30分(最終日)に行われる決勝は王曼昱/孫穎莎の中国ペアと対戦する。

「世界選手権という舞台の最後のトリ、女子ダブルスの決勝があるのですごくうれしいですし、もちろん優勝目指してきているので、金メダルを取るまでは満足せずに、明日の決勝戦に備えていきたい。自分たちらしいプレーを出して、最後金メダルを取って笑顔で終わりたいと思います」と伊藤。

勝てば52年ぶりの金メダル。世界ランク1位ペアとして、最高のプレーを期待したい。


早田ひな/伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事