NEWS新着情報

2019.10.13

張本智和 ベスト8敗退。世界卓球銅メダリストを追い上げるも届かず<卓球 ドイツOP>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・ドイツオープン<10月8~13日/ブレーメン> 大会5日目の10月12日、男子シングルス準々決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が2019世界卓球銅メダリストの梁靖崑(中国/同8位)にゲームカウント2-4で敗れた。

第1ゲームは張本がバックハンドで攻め立て8-4とリードするも、そこから防御力の高い梁を打ち抜けず10-12で先制され、第2ゲームも終盤に攻撃のミスが出た張本が8-11で落とす。

梁靖崑 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームも梁の威力十分の両ハンドに押されて6-11で失うが、第4ゲームは張本が鋭く矢のように伸びるバックハンドで押し込み11-7と1ゲームを返す。

第5ゲームも張本が速攻でリードし、しぶとく詰め寄る梁を11-7で振り切るが、第6ゲームは梁のドライブの圧力に張本がカウンターを打ちきれず、8-11で落として敗れた。


【ITTFワールドツアー・ドイツオープン】
<男子シングルス準々決勝>
張本智和 2-4 梁靖崑(中国)
10-12/8-11/6-11/11-7/11-7/8-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード