卓球ドリームマッチ 伊藤美誠は不参加表明「自身の強化練習に集中」

2020.07.19
SHARE
記事をシェア
2020.07.19

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

 9月中旬に開催予定の卓球「2020 JAPANオールスタードリームマッチ」に、東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)の不参加が、19日主催のTリーグから発表された。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

伊藤は、日本卓球協会を通じて、「東京オリンピックまであと1年。小学生からの夢だった金メダルを獲得し、日本の皆さんにお見せしたいとの一心で日々、練習に励んでいます。ドリームマッチへの参加要請はとても光栄なことですが、今は自身の強化練習に集中させていただきたいと思います。」とコメント。

ドリームマッチの出場選手は20名ほどで調整中で、まずは「世界卓球2020韓国」<2021年2月28~3月7日/釜山>の日本代表選手男女各5人にオファーをし、丹羽孝希(スヴェンソン)と森薗政崇(BOBSON)が参加を表明していた。

残る男子選手の張本智和(木下グループ)、水谷隼(木下グループ)、宇田幸矢(明治大学)、女子の石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)、早田ひな(日本生命)の出場状況に関しては、数日中に発表になる予定。

ドリームマッチは、クラウドファンディングにより実施することとなっており、開始5時間で目標金額の300万円達成。現在は、約740万円が集まっている。(19日19時現在)

SHARE

このページを友達にシェアしよう!