丹羽孝希 全日本選手権のリベンジ果たし「自信になった」

SHARE
記事をシェア

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba

 数多くの日本代表選手を輩出してきた名門・明治大学卓球部で10月18日、創部90周年を記念した「ドリームゲーム」が開催され、同大OBで東京五輪代表の丹羽孝希(スヴェンソン)、水谷隼(木下グループ)が参加。来年3月に延期された世界卓球2020韓国(団体戦)代表の森薗政崇(BOBSON)他、神巧也(T.T彩たま)、平野友樹(協和キリン)とOBチームを結成し、現役学生チームとシングルス5試合の団体戦に臨んだ。その結果、現役チームが3-2で勝利を飾る大金星をあげた。

_ITA6862.JPG

Photo:Itaru Chiba


 大きな見どころとなったのは、東京五輪代表と次世代の五輪候補の呼び声高い若手とのガチンコ対決だ。とりわけ丹羽と戸上隼輔(明治大学)の対戦は丹羽にとって、今年1月の全日本選手権男子シングルス準々決勝で戸上にストレート負けを喫した試合のリベンジマッチ。

当時、東京五輪の代表レースを終えたばかりの疲れがあったとはいえ、7歳下の母校の後輩にあたる戸上に完敗した丹羽は汚名返上をかけ、まずは2ゲームを先取。ところが、そこから2ゲームを奪われ戸上にゲームオールに追いつかれた。しかし、最後は11-8で取って接戦をきっちり締め先輩の貫禄を見せつけた。

_ITA7451.JPG

戸上隼輔 Photo:Itaru Chiba


試合を終えて「全日本で0-4で負けているので、今日、戸上選手に勝てたことはすごく自信になります」と丹羽。来月、約8カ月ぶりに再開される国際大会を控えていることもあり、「その前に試合ができたのはすごくいい経験になった」「細かいミスが大事なところで何本かあったので課題を見つけることができて良かった」などと、公式戦ではなかったが貴重な実戦の機会をプラスに捉えていた。

 ちなみにこの日、見つけた課題についてはミドル(体の真ん中辺り)に来たボールの処理を挙げ、「久しぶりの実戦なので動きが遅いと感じました。ラリーになったとき、なかなかいい体勢で打てなかった。体が少し硬くなっていたのかな」と話した。

 また、10月1日に結婚した影響については、「より負けられないという気持ちが強い」としながらも、「今まで通りやるだけ。いい結果を残せるよう一試合一試合頑張っていきたい」と語った。

 丹羽は11月に中国で開かれる男子ワールドカップ(13~15日/威海)とITTFファイナル(19~22/鄭州)に出場する。

_ITA7612.JPG

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba


<試合結果>
OBチーム 2-3 現役チーム
第1試合:平野友樹 2-0 西康洋(3年)
第2試合:神巧也 1-2 宮川昌大(1年)
第3試合:森薗政崇 2-3 龍崎東寅(4年)
第4試合:丹羽孝希 3-2 戸上隼輔(1年)
第5試合:水谷隼 0-3 宇田幸矢(1年)
※第1、2試合は3ゲームマッチ、第3~5試合は5ゲームマッチ


(文=高樹ミナ)

SHARE

このページを友達にシェアしよう!