ベスト4の伊藤美誠 鬼門の中国選手から勝利「よくやったなと言いたい」<卓球 ITTFファイナルズ>

2020.11.23
SHARE
記事をシェア
2020.11.23

伊藤美誠 PHOTO:@ITTFWorld

 11月に入り3週連続で開催された卓球の国際大会。その第3弾「ITTFファイナルズ」<11月19~22日/中国鄭州>が幕を閉じ、約1カ月に及ぶ中国遠征を終えた日本人選手たちが帰国の途についた。

 男女の世界ランク上位各16人がしのぎを削る超ハイレベルな大会を地元中国勢が席巻。男子はリオ五輪金メダルの馬龍が大会史上最多となる6回目の優勝を果たし金メダル。女子も世界ランク1位の陳夢が大会史上初の4連覇を達成した。陳夢は2週前の女子ワールドカップでも金メダルに輝いている。

 日本勢は女子ワールドカップ銅メダルの伊藤美誠(スターツ・世界ランク2位)がベスト4。前週に行われた男子ワールドカップ銅メダルの張本智和(木下グループ・同4位)は同大会3位決定戦で勝ったチャンウジン(韓国・同18位)と初戦で再び対戦し、マッチポイントを握りながら逆転負けという結果に終わった。男子では丹羽孝希(スヴェンソン・同13位)も初戦敗退。

また、上位進出が期待された石川佳純(全農・同9位)も女子ワールドカップでストレート勝ちしたソヒョウォン(韓国・同23位)から1ゲームしか奪えず敗北。佐藤瞳(ミキハウス・同17位)、加藤美優(日本ペイントホールディングス・22位)も初戦で早々に姿を消した。


伊藤は女子W杯からの2週間で課題を修正

 仲間たちが次々に敗れていく中、ひとり気を吐いた伊藤は準々決勝で大きな関門を迎えた。相手はこれまで1勝3敗と負け越している王芸迪(中国)。世界ランクは伊藤の2位に対し王は12位だが、前回対戦した2019年6月のワールドツアー・香港オープン女子シングルス決勝では伊藤がストレート負けしている難敵だ。

しかし、今回の伊藤は鬼門である王からフルゲームの末に勝利を奪った。

50624779221_3101e03e0c_k.jpg

王芸迪 PHOTO:@ITTFWorld


 第3ゲームまでは王のペースだった。特に伊藤が「私自身にミスが多かった」と振り返る第1ゲームは、バック側深くへのロングサーブや高い打点から繰り出すパワフルな両ハンドドライブで伊藤のバック側を狙いミスを誘った。女子ワールドカップ準決勝で伊藤が敗れた孫穎莎(中国・同3位)戦でも狙われた泣き所だ。

 しかし、孫との試合で得た教訓を生かすべく、この2週間で修正を試みてきた伊藤は第4ゲームから王のバック攻めに対応し、相手の得意なラリー戦ではボールの回転や打球スピードに変化をつけてまともな打ち合いを避け、逆にチャンスボールを得意のスマッシュで決めたり、フォアに回り込んでポイントする攻撃的なプレーなどで王を自分のペースに巻き込んでいった。

試合を終え、「この8カ月で強化してきた部分と、この前の大会でいろいろと得たものがあったので、(ファイナルズまでの)この期間でしっかり修正できたことが良かった」「(自分を)褒めるじゃないですけど、よくやったなと言いたい」と伊藤。

また、大会前は陳夢や孫穎莎ら中国のトップ選手たちと練習する機会にも恵まれ、「質の高いボールとミスの少ない選手とたくさん練習できてすごく勉強になって、『自分にはこれが必要だ』と思いました」と語り、「ちょっと中国人選手のいいところを取り入れながら試合ができた」と話した。


(文=高樹ミナ)


■ITTFファイナルズ 伊藤美誠 試合結果
<準決勝>
伊藤美誠 0-4 王曼イク(中国)
3-11/4-11/9-11/6-11

<準々決勝>
伊藤美誠 4-3 王芸迪(中国)
6-11/11-7/11-13/11-4/11-7/7-11/11-5

<1回戦>
伊藤美誠 4-1 杜凱栞(香港)
13-11/6-11/11-6/11-5/11-6

SHARE

このページを友達にシェアしよう!