群雄割拠の女子 2度の3冠女王・伊藤の返り咲きは? 全日本卓球選手権<みどころ>

2021.01.11
SHARE
記事をシェア
2021.01.11

昨年のベスト4 石川佳純 早田ひな 伊藤美誠 橋本帆乃香(左から)Photo:Itaru Chiba

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、ぎりぎりまで開催が危ぶまれた「天皇杯・皇后杯2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」が1月11日、丸善インテックアリーナ大阪で無事開幕を迎えた。

大会を主催する日本卓球協会は検討に検討を重ねた末、感染防止対策を徹底した上で無観客開催に踏み切った。そのため通常なら7種目が行われるところを、今回はシングルス4種目(男女シングルスおよびジュニア男女シングルス)に絞り、男女ダブルスおよび混合ダブルスを中止。

原則として2時間おきに会場の換気・消毒を徹底し、出場選手には慣例となっている「不要な声出しや大声を出さない」、掌の汗を拭うための「卓球台で手を拭かない」などの注意喚起もしている。

だが、1都3県に出された緊急事態宣言を受け棄権するチームや選手も出ており、実業団の強豪で知られる協和キリンはチームとして棄権を発表。今大会スーパーシード(前回大会でベスト16入りした男女32人。4回戦から出場)の平野友樹や渡辺裕介、世界卓球2013代表の松平賢二らが出場を見送る形となった。

DSC_5105.JPG

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

「未完の大器」と期待され、昨年ようやく全日本初タイトルを手にして歓喜の涙を流した早田ひな(20=日本生命)が2連覇に意気揚々だ。その早田の前に立ちはだかるのは2018、2019年と2年連続3冠女王となった伊藤美誠(20=スターツ)。

東京五輪代表の伊藤は昨年11月、中国で開かれた女子ワールドカップとITTFファイナルズで銅メダルを獲得した。コロナ禍での海外遠征とあって、2週間の隔離生活や約1000km・12時間にも及ぶ長距離バス移動などに耐えながら、8カ月ぶりの実戦でコロナ自粛期間中に強化したフットワークとラリー力を存分に発揮して結果を残した。その強さは日本女子の中で頭ひとつもふたつも抜けた印象がある。

DSC_6743.JPG

早田ひな Photo:Itaru Chiba

一方の早田も今季Tリーグで目下、女子トップの14勝の活躍を挙げており、今年また2人が対戦することになれば必見の大一番となる。

ちなみに昨年の全日本選手権で2人は準決勝で対戦しており、ゲームオールで早田が勝ったが、今年も準決勝まで勝ち上がらないと当たらない組み合わせだ。

 これと反対側の山からは全日本4回優勝(3連覇含む)の元女王、石川佳純(27=全農)がV奪還を狙う。石川の持つこの記録は女子歴代5位タイの偉業で、今回V奪還に成功し5回目の優勝を果たすと同3位タイに並ぶ。

DSC_6539.JPG

石川佳純 Photo:Itaru Chiba

今回は比較的、強敵の少ない山に入ったが、強いて言えば異質ラバーの使い手である出澤杏佳(18=大成女子高校)と当たったときの対策が鍵か。フォア表、バック粒高から繰り出されるクセ球は格上選手をも翻弄する。2人の対戦はともに勝ち上がった場合、準々決勝となる。

そしてもうひとり、奮起に期待したいのが東京五輪団体戦代表の平野美宇(20=日本生命)だ。平野の実戦は昨年3月のITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン以来、実に約10カ月ぶり。腰痛のため大事をとって昨年12月のITTFファイナルズやTリーグを欠場し回復に努め、この全日本選手権に照準を合わせてきた。

DSC_0345.JPG

平野美宇 Photo:Itaru Chiba

 当時16歳で全日本最年少女王に輝いたのは4年前。あのセンセーショナルな勝利は記録にも記憶にも今なお鮮やかだが、ここ2年は出澤や木原美悠(16=JOCエリートアカデミー/星槎)ら下の世代に敗れ思うような結果を残せていない。平野の快進撃を切望するファンは多い。持ち前の高速卓球に火がつけば優勝争いにも絡んでくるはずだ。

その平野と同じ山には2年前の全日本選手権4回戦で破れた木原がいる。平野にとっては因縁の相手だが、2人が勝ち上がった場合、6回戦で再び対戦する組み合わせだ。

他にもスーパーシード(前回大会でベスト16入りした男女32人。4回戦から出場)には世界卓球2020韓国(団体戦)代表メンバーの佐藤瞳(23=ミキハウス)をはじめ、加藤美優(21=日本ペイントホールディングス)、芝田沙季(23=ミキハウス)、森さくら(24=日本生命)、橋本帆乃香(22=ミキハウス)、安藤みなみ(23=十六銀行)ら全日本選手権で実績のある選手が勢ぞろい。

DSC_2937.JPG

橋本帆乃香 Photo:Itaru Chiba

さらに今季Tリーグで全日本女王の早田から大金星を奪い脚光を浴びた木村香純(22=専修大学)も台風の目になりそうだ。

SHARE

このページを友達にシェアしよう!