前年王者・宇田幸矢が高校生に敗れまさかの初戦敗退【全日本卓球】

2021.01.15
SHARE
記事をシェア
2021.01.15

宇田幸矢 Photo:Itaru Chiba

「天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会」<1月11~17日/大阪> 大会5日目の1月15日、男子シングルス4回戦で前年王者の宇田幸矢(明治大)が17年全日本カデット8強の鈴木笙(静岡学園高)にゲームカウント3-4で敗れて、まさかの初戦敗退となった。

第1ゲームから得意のフォアドライブを次々と決める宇田は、最後も3球目パワードライブを鈴木のフォア側へ突き刺して11-5で先制するが、第2ゲームはバックハンドの調子が上がらない上にサーブミスも連発した宇田に対し、鈴木が躍動して11-8で取り返す。

第3ゲームは宇田が序盤で4-0とするが、鈴木がカウンターのフォアブロックを決めるなど守りを固めて宇田の攻めミスを誘発。競り合いを鈴木が12-10と奪取する。

CHI_8231.JPG

鈴木笙 Photo:Itaru Chiba

第4ゲームも下がってもしのげる鈴木を前に、宇田が攻めてミスをする展開。鈴木の下回転サーブにも苦しむ宇田だったが、10-10でチキータを決め、次の浮いたサーブをレシーブで仕留めて12-10で取りゲームカウントを2-2に戻す。

しかし第5ゲームも宇田はラリーで得点パターンに入れないまま、サーブミスも連発し、逆にしぶとく返球する鈴木が前半からリードして11-4で獲得。

第6ゲームは4-5の場面でたまらず宇田がタイムアウト。次の1本でカウンターのフォアドライブをクロスに突き刺してから流れが変わり、打ち合いを制して11-9で宇田が奪い返す。

だが最終第7ゲームも中陣から堅実にラリーを組み立てる鈴木がリードし、チキータも決めきれなかった宇田は押され続ける。最後まで打ちミスが目立った宇田に対し、鈴木はそのまま11-7で逃げ切った。

前年に高校3年生で全日本王者となった宇田だったが、誰も予想できなかった初戦敗退で全日本の幕を閉じた。

CHI_8225.JPG

宇田幸矢 Photo:Itaru Chiba

【2021年全日本卓球選手権大会】
<男子シングルス4回戦>
鈴木笙(静岡学園高)4‐3 宇田幸矢(明治大)
5-11/11-8/12-10/10-12/11-4/9-11/11-7

SHARE

このページを友達にシェアしよう!