×

クールな丹羽が『ダブルハンドでガッツポーズ!』世界卓球2014 日本男子の激闘【卓球ジャパン!クロニクル】

SHARE
記事をシェア

116日放送の「卓球ジャパン!」では、世界卓球2014団体戦で4大会連続メダル獲得となった日本男子の戦いぶりを倉嶋洋介男子監督をゲストに迎えて振り返った。MC平野早矢香も、団体戦として出場した最後の世界卓球であり、記憶をたどった。

この大会は、倉嶋氏が2012年秋に男子監督に就任して初の世界卓球団体戦。「地元開催でもあるので、絶対にコケられない。プレッシャーは大きかった」と倉嶋監督。メンバーは水谷隼、丹羽孝希、松平健太、岸川聖也、塩野真人で、エース水谷に続く選手を育ててリオ五輪につなげたい時期だった。

そして始まったグループリーグだったが、なんと初戦ギリシャ戦を2-3で落としてしまう。水谷が2点取ったものの、長身のカットマン・ギオニスの活躍により、3点目が取れなかったのだ。

「言葉にならないくらいの落ち込みでした。落ちた士気をどう次の試合から変えていくかと必死でした」(倉嶋監督)。

この敗戦がカンフル剤となったのか、チームはここからルーマニア、フランス、ポルトガル、ハンガリーと4連勝し、結果的にグループリーグを1位で駆け抜けた。

こうしていよいよメダルがかかった準々決勝が始まった。相手はグループリーグでも戦い、3-1で勝っているポルトガルだ。同じ大会で辛勝した相手との再戦は、往々にして1回目と逆の結果になることが多く、心理的には嫌なパターンだ。

1番は丹羽vsフレイタス。グループリーグでは丹羽が3-2で辛勝している。

当時19歳の丹羽は世界卓球界に躍り出たばかりで、独創的なプレーで異彩を放っていた。実は倉嶋監督の選手時代の最後の対戦相手が当時15歳の丹羽だったという。

「なんだコイツは?と思いましたね(笑)」と倉嶋監督。それほど丹羽は個性的だった。

137・138-6.jpg

倉嶋監督が試合前に丹羽にしたアドバイスの一つが、フレイタスのYGサービスをチキータでレシーブすることだった。丹羽に限らずトップ選手になると自分でいろいろ考えているのであまり余計なことは言えず、その加減が難しいという。特に丹羽には個性を潰すようなアドバイスはしないように気をつけているという。

「コーチの仕事は決して上からだけじゃなく、選手を尊重して個性を生かしてお互いに作っていくパートナー的な役割であるべき」とMC武井壮も同意する。

その個性的なプレーの典型が、第3ゲーム5-4の場面で見せた、打った後に一回転するフォアクロスのカウンターだ。

武井「出た!丹羽ワールド!」
平野「ああいうプレーは相手はなんか遊ばれてる感じになって戦意喪失するんですよね」
武井「アニメのキャラみたいな(笑)」

そんな天才肌で普段は感情を見せない丹羽が、この試合ではマッチポイントを握るとガッツポーズを見せる。「私とのミックス(ダブルス)のときはこんなこと一回もなかった」と平野が苦笑。

珍しく闘志をあらわにした丹羽は、とうとうフレイタスを16-14で下し、3-0で貴重な先制点を上げ両手でガッツポーズ。「丹羽がダブルハンドでガッツポーズ?!(笑)」と武井が驚くほどのレアなリアクションで大観衆の声援に応えた。

2番では水谷がアポローニャに3-0で貫録勝ち。

そしてメダルまであと1勝という場面で3番に登場したのが、当時23歳の松平だった。対するはモンテイロ。

倉嶋監督は試合前夜に松平の起用を決め「負けたら僕の責任だから思い切ってやれ」と話していた。松平は4年ぶりに世界卓球の団体戦に選出されていた「帰ってきた天才」だったが、グループリーグでは調子が上がらずモンテイロに2-3で負けていた。

「戦術的には問題なかったが固くなっていた。いつも通りやれば必ず勝てると話した」と語る倉嶋監督の読み通り、松平はゲームカウント2-1と王手をかけた。

4ゲーム目9-7、台から離れたモンテイロに対して松平が8本連続のスマッシュで得点した場面では、ベンチの丹羽が立ち上がるほど会場は熱狂の坩堝と化した。

137-2.jpg

果敢に攻め続けてこのゲームを11-7で取った松平は3-1でモンテイロを下し、4大会連続のメダルを決めたのだった。

「会場の応援も本当に最高だった」(平野)
「多くの日本の卓球ファンに見てもらえる機会だったから良い試合ができてよかった」(倉嶋監督)

試合後のインタビューでは

水谷「まさか丹羽が3-0で勝つと思わなかった」
丹羽「(1番に出る緊張感はありましたか?の問いに)いや、全然ないです。僕がこれ取ってしまえば相手チームに凄いダメージを与えるので」
松平「グループリーグで僕だけ勝てずに終わったので絶対勝ちたかった」

選手毎の個性が出た「らしい」コメントにスタジオは暖かい笑いに包まれた。


番組の最後には1月10日に結婚した平野に対して、武井がその幸せぶりを「ディープに掘り下げる」展開に。

気になるお相手は、スポーツ関係の仕事している方で、知人の紹介だという。最初に焼き肉を食べ行き、2回目の食事で付き合うことを決めたとのこと。

常々番組内で「結婚したいキャラ」としていじられてきた平野が新年早々に届けた明るいニュース。嬉し恥ずかし・・といった平野の笑顔が印象的であった。

137・138-7.jpg

次回は世界卓球2014、準決勝で因縁のライバル、ドイツと激突した様子をディープ解説。ゲストは引き続き倉嶋洋介男子監督だ。大会のベストゲームとなった水谷vsオフチャロフの試合は必見。お見逃しなく!


「卓球ジャパン!」 BSテレ東で毎週土曜夜10時放送

137・138-1.jpg

SHARE

このページを友達にシェアしよう!