木村香純が早田ひなに勝利!KA神奈川がV王手【Tリーグファイナル】

2021.02.27
SHARE
記事をシェア
2021.02.27

木村香純 Photo:Itaru Chiba

Tリーグの年間王者決定戦、2020-2021シーズン プレーオフファイナルが2月27日にアリーナ立川立飛で開催。女子はシーズン1位で初優勝を狙う木下アビエル神奈川と、2位で2連覇中の日本生命レッドエルフの対決となった。

第1マッチのダブルスは平野美宇/前田美優ペアの日本生命、第2マッチは石川佳純が勝利して神奈川が奪い、一勝一敗で迎えた第3マッチ。今シーズンからTリーグに参戦し、活躍を見せている大学生プレーヤーの木村香純、そして日本生命のエース、今シーズン14勝の早田ひなが激突。両者の対戦成績は1勝1敗で、開幕戦では木村が早田を破るという鮮やかなデビュー戦勝利をあげている。

第1ゲーム、回転量の多いフォアドライブで得点を重ねた早田がリードし、11-7で先制。木村はなかなか自分から攻める展開が作れず、数少ない攻めの場面では点が欲しいために強くいきすぎてミスが出てしまった。

CHI_8560.JPG

第2ゲームは、攻め手を増やした木村が序盤で4-1とリードするも、落ち着いてサーブ、レシーブで崩した早田が5-5とすぐに追いつく。

相手の強打を封じるハーフロングのサーブ、レシーブでは長めのツッツキをバックサイドに送って、木村のミスを誘った。ここから互いに1本ずつ取り合う流れとなったが、9-9で木村がサーブからの展開で2本連取。ループドライブとスピードのあるドライブをうまく織り交ぜるプレーで第2ゲームを奪った。

第3ゲーム、中盤で流れをつかんだのは木村。クロスに集まる早田のフォアドライブに対してバックブロックで確実に返球し、その後の前陣でのラリー戦も次々と制し、7-4とリード。早田が2本取って、7-6となったところで木下アビエルベンチがタイムアウト。

2本連続でサーブエースを奪った早田が8-8で追いつき、その後10-10のデュースとなる。木村がサーブエースで11-10とし、次のプレーは早田に3球目フォアドライブを打たせてカウンターで狙い打ち、第2ゲームに続いて木村が連取した。

CHI_8485.JPG

第4ゲーム、焦りのある早田のドライブミスなどが重なり、6-4と木村がリード。しかし、コンパクトなスイングに切り替えた早田がミスのない堅実なプレーで5本連取で6-9と逆転。

このまま逃げ切りたい早田だったが、うまく流れに乗ることができない。木村に3本連取を許して9-9と追いつかれ、ここで日本生命ベンチがタイムアウト。しかし、次のプレーは木村が3球目バックドライブで得点し、最後は木村のサーブに対して早田がフォアドライブでミスし、木村が勝利。エースとして絶対に勝ちたかった早田だったが、12月25日以来、久々のTリーグ出場ということで試合勘が鈍ったか、まさかの敗北を喫した。

CHI_8643.JPG

【ノジマTリーグ プレーオフファイナル】
木下アビエル神奈川 2-1 日本生命レッドエルフ

<第1マッチ>
長崎美柚/浜本由惟 1-2 平野美宇/前田美優
11-8/6-11/6-11

<第2マッチ>
石川佳純 3-1 森さくら
11-7/9-11/13-11/11-8

<第3マッチ>
木村香純 3-1 早田ひな
7-11/11-9/12-10/11-9

<第4マッチ>
長崎美柚 vs 平野美宇

CHI_8651.JPG

SHARE

このページを友達にシェアしよう!