オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

平野美宇「練習の成果が出た」オリンピックに向けて収穫

2021.03.18
SHARE
記事をシェア
2021.03.18

オンライン取材に応じる平野美宇 テレビ東京卓球NEWS

14日、ドーハで行われた卓球の新たな国際大会WTTの2大会を終え、平野美宇(日本生命)が帰国し、オンライン取材に応じた。平野は石川佳純(全農)とのペアで、2大会連続決勝に進出。1大会目のコンテンダー大会で優勝した。これにより、同ペアのダブルス世界ランクが1位に浮上している。


平野美宇 オンライン会見(一問一答)

Q.大会を終えて

シングルスはいいところもあったんですけど、課題だったりもっとこうした方がいいとわかった試合だったなと。ダブルスは久しぶりに石川(佳純)さんと組んで、試合に出たんですけど、最初の試合で優勝することができて次の大会も準優勝だったんですけどオリンピックまでにどうすればいいかわかった大会だったので収穫になりました。


Q.シングルスの課題は

Tリーグ、全日本(選手権)には出ていたんですけど、海外の試合は1年ぶりだったので違って、海外の選手とやって今の課題をわかることができたのでもっと強くなりたいなと思いました。


Q.手応えを掴んだシーンは?

ダブルスは久しぶりでだんだん強くなっていったなと練習の成果が出てたなと思います。(スターコンテンダー大会で)決勝で韓国ペアに敗れてしまったんですけど、まだ対戦する時があると思うので、次こうした方がいいなという戦術とかもやってみてわかったこともあったので、すごく収穫でした。


Q.石川選手とどのくらい練習していた?

2020年の自粛期間はできなかったんですけど、今年になってから全日本終わってからは定期的に期間をあけずに少しずつ練習できたので、それはよかったなと思うのと試合は1年ぶりで練習もここ最近だったので、その中でいい結果が出せたのは自信になりました。


Q.今後見えてきたところは?

今回試合したペアでも今後当たっていくんじゃないかなと思ったペアもあったので、いろんな国の選手と試合をして戦術を増やして対策しながら練習していきたいなと思います。


Q.今後への意気込み

次の試合はいつになるか決まってはいないですが、夏のオリンピックに向けてシングルスもダブルスももっともっと強くなれるように頑張っていきたいなと思います。

SHARE

このページを友達にシェアしよう!