×

張本智和 まさかの初戦敗退 世界ランク65位に敗れる【世界卓球2021】

2021.11.25
SHARE
記事をシェア
2021.11.25

張本智和 Photo:Itaru Chiba

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン>大会2日目の24日、男子シングルス2回戦で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)がディヤス(ポーランド/同65位)にゲームカウント3-4で敗れた。

堂々の第2シードとなった張本は、この2回戦から初戦。2017年大会でのベスト8以上の成績をねらう日本の若きエースが、2016年ヨーロッパ選手権4強・ディヤスの挑戦を受けた。

第1ゲーム序盤はディヤスに強打を浴びせられ3-6となるも、張本はここから巧みなサーブレシーブで6連続ポイントも奪い、そのまま11-7で先制する。

CHI_3796.jpg

ディヤス Photo:Itaru Chiba

2ゲーム目はディヤスが張本のチキータを封じるようなサーブを見せ、押されたまま5-11で落とすが、第3ゲームはフォア前へのサーブにも、張本が足を動かしてのチキータで打開。11-7で取り返す。

だが4ゲーム目はディヤスにミドルを繰り返し突かれて6-11で落とし、第5ゲームも3-4と押されて張本ベンチがタイムアウト。ここから下回転サーブと積極策で流れをつかんだ張本が11-6で奪い返す。

CHI_3772.jpg

張本智和 Photo:Itaru Chiba

第6ゲームは張本が5-4としてディヤスがタイムアウト。その後は押されて最後は巻き込みサーブでエースを食らい8-11で落とす。

最終第7ゲームも激しく競り合う。張本は得意のバックハンドで押し込むが徐々にミスが増え、最後もバックハンドがオーバーし、9-11で敗れた。

日本のエースがまさかの初戦敗退。シングルスで残る日本男子選手は戸上隼輔(明治大学)のみとなる。

【世界卓球2021ヒューストン】
<男子シングルス2回戦>
張本智和 3-4 ディヤス(ポーランド)
11-7/5-11/11-7/6-11/11-6/8-11/9-11

CHI_4211.JPG

CHI_4218.JPG

張本智和 Photo:Itaru Chiba

世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

世界卓球2021ヒューストン
【世界卓球2021ヒューストン 11.23(火)テレビ東京系列・BSテレ東で連日放送】
開幕卓球の熱狂をもう一度!世界卓球の放送が決定!

五輪メダリストを含む新生卓球NIPPONで悲願の「打倒中国」を目指す

大会日程・放送・配信情報は公式HPまで
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2021/

SHARE

このページを友達にシェアしよう!