×

みまひな 中国ペアを撃破!金メダルまであと1勝 決勝はリベンジマッチ「悔しさ返す」【世界卓球2021】

2021.11.29
SHARE
記事をシェア
2021.11.29

伊藤美誠・早田ひな Photo:Itaru Chiba

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン>大会6日目の現地28日、女子ダブルス準決勝で伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)が陳夢/銭天一(中国)を下し、銀メダル以上を確定。決勝へ進出した。

世界1位で東京五輪覇者の陳夢、2018年世界ジュニア女王で世界卓球初出場の銭天一。"みまひな"ペアとともに優勝候補同士の一戦となった。

CHI_6618.JPG

陳夢・銭天一 Photo:Itaru Chiba

第1ゲームから打ち合いとなるが、まだ安定重視の中国の打球に対し、ボールの厳しさで上回った日本ペアが攻勢のまま11-9で押し切る。

一転、2ゲーム目は中国ペース。銭天一がミスをせずつなぎ、陳夢が強打で決めるパターンで次々と失点し、2-11ですぐさま奪い返される。

第3ゲームは出足で2-6とされるが、日本がラリー戦でリズムを作って9-9に。ここで陳夢に日本ペアの体が重なるフォア前にストップされ失点。そのまま10-12で落とす。

あとがない第4ゲーム、攻勢の日本ペアが5-1に。このあと陳夢がカットブロックやフリックで伊藤を封じ込めるなど、6-6と追いつかれるが、ここから日本の連携がかみ合い11-6で奪取する。

CHI_6671.JPG

伊藤美誠・早田ひな Photo:Itaru Chiba

最終第5ゲーム、さらに厳しくストレートコースに攻める中国だが、鋭いボールを放つ日本ペアがラリー戦で上回り、チャンスボールをどんどん仕留めていく。

最後は早田のバックハンドがラッキーなエッジボールとなり、11-7。東京五輪女王率いる中国ペアを下し、堂々2大会連続の決勝進出となった。

なお決勝では、前回の決勝戦で敗れた2019年大会の覇者、孫穎莎/王曼昱(中国)ペアと対戦する。

CHI_6647.JPG

伊藤美誠・早田ひな Photo:Itaru Chiba

試合後インタビュー

ー準決勝の感想と決勝戦への意気込みを

伊藤:前回大会ぶりに早田選手と組ませていただいて、中国人選手を倒して決勝まで来ることができてとてもうれしいです。次の試合も中国人選手ということで、自分らしく最後まで楽しんで思い切って試合をしたいです。


早田:今の試合はやったことのない相手だったんですけど、自分たちの良さをしっかり活かせたことが結果につながったと思います。2019年の悔しさをここでしっかり返したいと思います。頑張ります。

ーファンのみなさんへメッセージを

伊藤:明日、決勝の舞台でも早田選手と一緒に中国人選手に勝ちます。

早田:日本は時差がある中でたくさんの方が夜中まで応援してくださって、会場でもたくさんの方が応援してくださっているので、明日は自分たちらしく楽しんで頑張ります。応援よろしくお願いします。

【世界卓球2021ヒューストン】
<女子ダブルス準決勝>
伊藤美誠/早田ひな 3-2 陳夢/銭天一(中国)
11-9/2-11/10-12/11-6/11-7

CHI_7099.JPG

CHI_6660.JPG

CHI_7165.JPG

伊藤美誠・早田ひな Photo:Itaru Chiba

世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

世界卓球2021ヒューストン
【世界卓球2021ヒューストン 11.23(火)テレビ東京系列・BSテレ東で連日放送】
開幕卓球の熱狂をもう一度!世界卓球の放送が決定!

五輪メダリストを含む新生卓球NIPPONで悲願の「打倒中国」を目指す

大会日程・放送・配信情報は公式HPまで
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2021/

SHARE

このページを友達にシェアしよう!