×
×
×

早田ひな 世界ランク10位の中国選手に敗れベスト16止まり【世界卓球2021】

2021.11.27
SHARE
記事をシェア
2021.11.27

早田ひな Photo:Itaru Chiba

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン>大会4日目の26日、女子シングルス4回戦で早田ひな(日本生命/世界ランク18位)が王芸迪(中国/同10位)にゲームカウント2-4で敗れてベスト16で終わった。

2019年にブレイクし、ユニバーシアードや香港オープンで優勝した王芸迪。中国選手不在の2021年アジア選手権で女王となった早田にとって、越えていきたい難敵だ。

前~中陣から正確性のある豪打を連発する王。激しく打ち合うも、早田が振りかぶる間に王のスピードボールが次々と来る苦しい展開で、第1ゲームは4-11で落とす。

CHI_1530.JPG

王芸迪 Photo:Itaru Chiba

2ゲーム目も台上のボールさばきに差が出て2-6とビハインド。早田はロングサーブも見せて6-8まで詰め寄るが、次の3本を畳みかけられ6-11で落とす。

だが第3ゲームは早田がロングサーブを多用し、フォアミドルを攻めて7-4とする。しかし王に両ハンドの豪打で猛追され10-10に。

ここから早田は逆チキータやループドライブを見せてゲームポイントを奪い、最後はハーフロングのサーブでエースを取り15-13で奪取する。

4ゲーム目も王のフォア側をねらう早田。だが今度は王がロングサーブをたびたび繰り出し、早田は対応できずに6-11で取られる。

CHI_1833.JPG

早田ひな Photo:Itaru Chiba

第5ゲームは王が0-6に。ここから早田は両ハンドを振りきって食い下がり、5-9となったところで王がタイムアウト。

その後もラリーで早田のミスが出ずに10-9と逆転。その後は一進一退の激しい打ち合いとなるが、早田は何度ゲームポイントを奪っても王の厳しい返球であと1本が取れない。

しかし18-18で早田は王の堅いバックをフォアで貫き、次の1本をバックハンドでクロスに放ち20-18でついにゲームを奪った。

CHI_1913.JPG

第5ゲームは大逆転でゲームを取った Photo:Itaru Chiba

第6ゲームは早田が3-1とリードするが、緩急を織り交ぜながら、両サイドに厳しいボールを送る王が逆転。最後はバックハンドで5-11とされ、早田が敗れた。

早田は第5ゲーム0-6から大逆転でゲームを取るがんばりが光ったが、中国トップ超えならず。早田のはじめての世界卓球シングルスは、ベスト16で幕を閉じた。

【世界卓球2021ヒューストン】
<女子シングルス4回戦>
早田ひな 2-4 王芸迪
4-11/6-11/15-13/6-11/20-18/5-11

CHI_2008.JPG

CHI_2029.JPG

早田ひな Photo:Itaru Chiba

世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

世界卓球2021ヒューストン
【世界卓球2021ヒューストン 11.23(火)テレビ東京系列・BSテレ東で連日放送】
開幕卓球の熱狂をもう一度!世界卓球の放送が決定!

五輪メダリストを含む新生卓球NIPPONで悲願の「打倒中国」を目指す

大会日程・放送・配信情報は公式HPまで
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2021/

SHARE

このページを友達にシェアしよう!