×

はりひな『金』まであとひとつ!米中国際ペアを破って決勝へ 銀メダル以上確定【世界卓球2021】

2021.11.29
SHARE
記事をシェア
2021.11.29

張本智和・早田ひな Photo:Itaru Chiba

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン> 大会6日目の現地28日、混合ダブルス準決勝で張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが林高遠(中国)/チャン・リリー(アメリカ)ペアをゲームカウント3-2で下し、決勝進出とともに銀メダル以上が確定した。

世界卓球名古屋大会のできごとをきっかけに、米中の国交正常化につながった「ピンポン外交」。そこから50周年を記念して生まれた国際ペアが、"はりひな"ペアの相手となった。

1ゲーム目は林高遠のチキータを軸に4-7とされるが、ここから張本がサーブレシーブからラリーまで躍動。最後も張本がチキータレシーブをクロスに決めて11-9と逆転で先制する。

CHI_5886.JPG

第2ゲームは日本ペアが出足から7-0に。早田がつなぎ、張本が決めるパターンで一気に11-1で奪う。3ゲーム目は林のキレ味鋭いフォアドライブに何度も打ち抜かれ、6-11と落とす。

第4ゲームも前半は競り合うが、早田がチャン・リリーを横回転系のサーブでミスさせた6-4の場面で、国際ペアがタイムアウト。この後、早田にミスも出て8-11と押し切られる。

舞台はアウェー。国際ペアを応援する声援が盛り上がる中で迎えた第5ゲーム。張本がチキータを決めれば、早田が得点するシーンも。5-0のチェンジコート後も勢いは止まらず、11-2で奪取。

2ゲーム先取し、2ゲーム取り返される苦しい展開も、一球ずつコミュニケーションを取りながら乗り切った張本・早田ペア。決勝では中国の王楚欽・孫穎莎ペアと対戦する。

CHI_5863.JPG

試合後のインタビューで張本・早田は「とにかくせめて行こうと話していました。ここまで来た以上金メダルを獲りたいです。自分たちは勢いがあるコンビだと思うので話し合って準備したいです」とコメントした。

【世界卓球2021ヒューストン】
<混合ダブルス準決勝>
張本智和/早田ひな 3-2 林高遠/チャン・リリー

CHI_6176.JPG

CHI_6172.JPG

CHI_6180.JPG

世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

世界卓球2021ヒューストン
【世界卓球2021ヒューストン 11.23(火)テレビ東京系列・BSテレ東で連日放送】
開幕卓球の熱狂をもう一度!世界卓球の放送が決定!

五輪メダリストを含む新生卓球NIPPONで悲願の「打倒中国」を目指す

大会日程・放送・配信情報は公式HPまで
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2021/

SHARE

このページを友達にシェアしよう!