×
×
×

張本智和 V王手!世界4位に快勝で決勝進出 世界王者と激突【WTTカップファイナルズ】

SHARE
記事をシェア

張本智和 Photo:World Table Tennis

「WTTカップファイナルズ シンガポール」<12月4~7日>大会3日目の6日、男子シングルス準決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)がカルデラノ(ブラジル/同4位)をゲームカウント4-1で下し、決勝進出を果たした。

1回戦で2019年世界卓球銀のファルク(スウェーデン)、準々決勝で香港のエース・黄鎮廷を破った張本。準決勝の相手は、東京五輪と2021年世界卓球で8強入りし、中国選手以外で最上位の世界ランク4位・カルデラノだ。

Hugo CALDERANO (BRA)_2021_WTT_Cup_Finals_PRG_5061.JPG

カルデラノ Photo:World Table Tennis

バックハンドの強い2人による一戦。だが前陣で振れば張本が一枚上手で、1ゲーム目は速攻を次々と決めて11-6で先制する。

2ゲーム目も中陣から動いてのファインプレーを見せるカルデラノに対し、張本は自らの主戦場である前陣から、厳しく両サイドを突き着実に得点。11-9でここも取る。

第3ゲームは激しく競り合う。だが後陣から下がりながらパワードライブで盛り返すなど、要所で離れワザを見せるカルデラノに最後は14-16で取り返される。

だが4ゲーム目は再び張本のペース。ラリーにする前に台上プレーで決めてしまい、11-5で奪い返す。第5ゲームもサーブレシーブに勝る張本が攻勢。打開の術がないカルデラノを尻目に、早々と11-3に到達して勝負を決めた。

Tomokazu HARIMOTO (JPN)_2021_WTT_Cup_Finals_PRG_4678.jpg

張本智和 Photo:World Table Tennis

決勝の相手は2021年世界卓球の覇者・樊振東(中国)。世界ランク1位にして最強の相手に対し、張本は2018年大会以来となる2度目の優勝をめざす。

試合後のインタビューで張本は試合を振り返り、「カルデラノ選手に先週ランキングを抜かされたのでリベンジという気持ちで戦いました。たくさん攻めないと勝てないと思ったので、たくさん攻める気持ちで戦いました」とコメント。

世界ランク1位・樊振東との決勝戦へ向けては「世界で1番強い選手ですし世界選手権も優勝しているので、今日以上にもっともっと攻めて100%以上の力を出し切って勝ちたいと思います」と意気込んだ。

【WTTカップファイナルズ】
<男子シングルス準決勝>
張本智和 4-1カルデラノ(ブラジル)
11-6/11-9/14-16/11-5/11-3

SHARE

このページを友達にシェアしよう!