×
×
×

張本智和 吉村真晴との五輪メダリスト対決に屈して16強どまり【全日本卓球】

2022.01.28
SHARE
記事をシェア
2022.01.28

張本智和 Photo:Itaru Chiba

「2022年全日本卓球選手権大会」<1月24~30日/東京体育館>大会5日目の28日、男子シングルス6回戦で張本智和(木下グループ)が吉村真晴(名古屋ダイハツ)にゲームカウント2-4で敗れた。準々決勝進出はならなかった。

張本が2018年大会の全日本王者であれば、吉村は2012年の王者。かつてのチャンピオン対決となった一戦は、1ゲーム目こそ張本が11-9で取るが、そこから吉村が2、3ゲーム目をともに11-8で連取する。

CHI_1957.JPG

吉村真晴 Photo:Itaru Chiba

4ゲームは再び張本が12-10で取るが、第5ゲームは9-11で落とす。後がない第6ゲームも吉村にカウンターを浴びせられるなど、1-7と突き放される。そのまま張本は5-11として敗れた。

日本のエース・張本はベスト16に終わった。そして吉村は番組収録での不慮の事故でのケガから、大きなカムバックの一勝となった。

【全日本卓球選手権】
<男子シングルス6回戦>
張本智和 2-4 吉村真晴
11-9/8-11/8-11/12-10/9-11/5-11

CHI_2286.JPG

吉村真晴 Photo:Itaru Chiba

CHI_2320.JPG

張本智和 Photo:Itaru Chiba

■2022年全日本卓球選手権 試合日程・各種目ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!