×
×
×

早田ひなが16強一番乗り!シンガポール選手をストレートで圧倒【卓球シンガポールスマッシュ】

2022.03.13
SHARE
記事をシェア
2022.03.13

早田ひな Photo:World Table Tennis

 卓球のWTTシリーズ・トップカテゴリー WTTシンガポールスマッシュ<3月7~20日> 本戦3日目の13日、女子シングルス2回戦で早田ひな(日本生命/世界ランク6位)がグイ・ルイシュエン(シンガポール/同180位)をゲームカウント3-0でで圧倒。3回戦に進んだ。

グイは2018年ユース五輪にも出場した、早田と同じ21歳の選手。2010年世界卓球団体で中国を破ったシンガポールも今や主力の高齢化に苦しんでおり、グイは期待の若手だ。

アジア選手権女王・早田が、ラリーの早い段階で仕留める展開が続き、1ゲーム目を11-4で先制。

第2ゲームも十分な体勢を作ってから攻める早田の横綱相撲で11-2に。ロングサーブでのエースしか得点源のないグイに対し、3ゲーム目も早田が圧倒。最後も豪快なバックドライブで決めて11-4。早田は日本勢のベスト16一番乗りとなった。

試合後の早田はインタビューで、「シンガポールの若手選手との対戦だったので、勢いがあったと思うんですけど、しっかり自分の卓球ができてよかったです」と、快勝劇を振り返った。

Goi-Rui-Xuan_WTT-Grand-Smash_Singapore_Day-4_---6.jpg

グイ・ルイシュエン Photo:World Table Tennis

<WTTシンガポールスマッシュ 女子シングルス2回戦>
早田ひな 3ー0 グイ・ルイシュエン(シンガポール)
11-4/11-2/11-4

SHARE

このページを友達にシェアしよう!