世界卓球とは
日本代表・女子
*ランキングは5月発表
日本代表・男子
  *ランキングは5月発表

エントリー
【男子シングルス】
 松下浩二、韓陽、岸川聖也、水谷隼、松平健太
【女子シングルス】
 福原愛、平野早矢香、福岡春菜、樋浦令子、藤井寛子
【男子ダブルス】
 水谷隼&岸川聖也、高木和 卓&松平健太
【女子ダブルス】
 福原愛&藤沼亜衣、平野早矢香&石川佳純
【混合ダブルス】
 水谷隼&福岡春菜、岸川聖也&福原愛、
 韓陽&藤沼亜衣、高木和 卓&平野早矢香、松平健太&石川佳純


1988.11.1生 18歳
WR11位・3度目
ANA
右シェーク・前陣速攻型

好きな食べ物:
シチュー、パスタ、納豆、温泉玉子
ニックネーム:
ちびあい

日本の誇り
福原愛
世界ランキングは堂々の日本人トップ。強力なバックハンドと王子サーブが得意。
“泣き虫・愛ちゃん”から一人のアスリートへと成長を遂げた“日本のエース”福原愛。 07年は北京五輪を見据えてITTFプロツアーに積極的に参戦、世界を飛び回る1年になりそう。 去年の団体戦で日本を銅メダルに導いた福原が、個人戦でどこまで世界にくい込めるか。
言わずと知れた天才卓球少女。3歳から卓球を始めた“泣き虫・愛ちゃん”も現在18歳。4月から早稲田大学に通う。

99年12月全日本選手権一般の部で史上最年少出場・ベスト64(史上最年少勝利をあげる)
00年全日本ベスト32・01年全日本ベスト8。
01年全日本選手権ジュニアの部を史上最年少13歳で制覇。(04年までに史上初の3連覇)
03年世界選手権女子シングルスでベスト8に入る。04年世界選手権女子団体で銅メダルを獲得。
卓球選手として史上最年少で出場権を獲得したアテネ五輪では女子シングルスベスト16。
05年、06年と世界最高峰と言われる中国・スーパーリーグに参加し中国語も自在に操る。
05年上海の世界選手権ではシングルスベスト32・女子ダブルスベスト8。
05年11月中国・広州で開催された女子ワールドカップで3位となる。
06年台湾オープンで藤沼と組んでダブルス優勝

2006年世界卓球・団体 銅メダル
2005年卓球ワールドカップ3位(中国・広州)
2005年アジアカップ 女子シングルス準優勝
2004年アテネ五輪 女子シングルスベスト16
2003年世界卓球 女子シングルスベスト8

写真提供:月刊「卓球王国」


1985.3.24生 22歳
WR17位・4度目
ミキハウス
右シェーク・ドライブ型

好きな食べ物:
親子丼
ニックネーム: デビル

卓球無双
平野 早矢香
03年度・04年度全日本選手権2連覇を果たしたが05年度は6回戦で敗退。
全日本3連覇の偉業は達成ならなかったが、07年見事に返り咲き3度目の優勝を飾る。
06年12月の代表選考会では、代表候補16人の総当り戦で全勝し、代表の座を勝ち取った。
平野にとっては世界卓球・個人戦4度目の出場となる。
目標とする選手は「イチロー」というストイックな選手。アテネ五輪に出場できなかった悔しさがあり、北京五輪にかけている。

安定感があり粘り強いプレースタイルに近年は積極的な「攻め」の姿勢が加わる。
その強さの源は類まれな精神力だ。
試合における集中力、劣勢を跳ね返す気力、卓球に対する真摯な姿勢は人一倍のものがある。
「選手としてだけでなく、人間として成長したい」「日本の良さを大事にしたい」と
トレーニングに日本古来の古武術の呼吸法を取り入れている。
栃木県に生まれ幼少時に卓球に出会う。藤沼亜衣と同じ城山クラブ出身。
小学校卒業と同時に親元を離れ、単身宮城県仙台へ。仙台育英秀光中・仙台育英高を経てミキハウスへ。
普段は笑顔にあふれ、おどけても見せる21歳だが、その表情がコートでは一変する。 所属するミキハウス練習場の2階で一人暮らし。
卓球に全てをかける“もう一人の卓球少女”

2006年度全日本選手権 女子シングルス優勝
2005年世界選手権 女子シングルスベスト32
2004年度全日本選手権 女子シングルス優勝
2003年度全日本選手権 女子シングルス優勝

写真提供:月刊「卓球王国」




1984.3.27生 23歳
WR49位・初出場
ミキハウス
右シェーク・ドライブ型

好きな食べ物:
お肉
ニックネーム:
レーメン

小さな韋駄天
樋浦 令子
全日本シングルス優勝者に世界卓球代表1枠が与えられるが、代表選考会で内定した平野が優勝したため、
規定により選考会2位の樋浦令子が内定した。 ジュニア時代から名門・四天王寺で鍛えられ将来を嘱望されたものの、日本代表には選ばれず、 2005年は女子選手の練習相手として上海に行くなど下積みの長い選手。
努力家で、ようやく手にした日本代表の座である。
身長152センチ。福原愛選手より小柄ながら、パワフルなプレーを見せる。
あだ名は「レーメン」。明るい性格で周囲をなごます。

2006年 チリオープン シングルス2位
2006年 ポーランドオープン ダブルス優勝(平野とペア)




1984.1.25生 23歳
WR23位・初出場
中国電力
右シェーク・前陣速攻型

好きな食べ物:
馬刺し、チャンジャ
ニックネーム:
春ちゃん

世界最高の七色王子サーブ
福岡 春菜
16種類の王子サーブを持つという日本一の王子サーブの使い手。福原愛にも伝授した大阪・王子クラブの作馬氏から学んだ。
その特殊なプレースタイルやラケット(イボ)で日本チーム随一の「クセモノ」と言える。 名門・四天王寺中学に入ったが、技術が周りの選手においつかず、一人で出来るサービスの練習をひたすらしていて、 サービスが上手になったという。
04年の世界学生チャンピオン。06年で初の日本代表になり世界卓球団体戦で「秘密兵器」として活躍し、 世界卓球では出場した試合に全勝して国際舞台に強いことを証明した。(ラケット違反による失格で記録的には1敗となったが試合では負けていない)。

去年の世界卓球で56位だった世界ランキングも24位まで上昇。
北京五輪も視野に入ってきた。


2006年 世界卓球・団体銅メダル/ブラジルオープン優勝
2005年度全日本選手権 混合ダブルス優勝
2005年アジア選手権 混合ダブルス3位
2004年世界大学選手権 女子シングルス優勝



1982.9.16生 24歳
WR62位・5回目
ミキハウス
左シェーク・前陣速攻型

好きな食べ物:
ヨーグルト、母手作りのきんぴら、父手作りのいかの塩辛
ニックネーム:
あいちゃん

気高きサウスポー
藤沼 亜衣
栃木県出身。小学1年で卓球を始める。平野早矢香と同じ城山クラブ出身。
小学校卒業と同時に大阪・四天王寺中学に入り、全国中学校大会で2連覇。 その後、四天王寺高校入学・98年全日本ジュニア優勝。 シドニー五輪で17歳ながら日本代表としてダブルスに出場。02年度全日本準優勝。
アテネ五輪では福原と並んでシングルスベスト16。梅村と組んだダブルスではベスト8に入る。 05年上海の世界選手権では福原愛とダブルスを組み「愛・亜衣コンビ」としてベスト8。
試合時はあまり感情を表に出さず冷静沈着。安定感あるプレーを見せるサウスポー。
06年の世界卓球・団体戦はキャプテンに抜擢され日本をメダルに導いた。

2005年アジア選手権 女子ダブルス3位
2005年世界選手権 女子ダブルスベスト8
2004年アテネ五輪 女子シングルスベスト16
2000年シドニー五輪 女子ダブルス出場



1993.2.23生 14歳
WR158位・初出場
ミキハウスJSC
左シェーク・前陣攻守型

好きな食べ物:
茶碗蒸し
ニックネーム:
かすみちゃん

14歳の革命少女
石川 佳純
ダブルス枠で初の代表入り。14歳3ヶ月、福原愛の14歳6ヶ月の記録を破り最年少で日本代表に抜擢された。
山口県出身。小学校卒業と同時に大阪・四天王寺羽曳丘中学に入り寮生活を始めた。
その後も2007年の全日本では中学生初のベスト4など急成長している。
山口の実家のリビングには卓球場がある。佳純ちゃんが小学3年のときに自宅に特注して作ったもので 現在も母・久美さんが自宅で妹・梨良(リラ)ちゃんなどを教えている。
将来の目標は2009年の世界卓球横浜大会に出場すること。北京五輪はまだ考えていないという。

2006年全日本選手権 カデット優勝
2007年全日本選手権 ベスト4



1982.10.18生 24歳
WR54位・2回目
日本生命
右シェーク・
ドライブ攻撃型


好きな食べ物:
母のお好み焼き、祖母のちらし寿司
ニックネーム:
たかし

流星バックドライブ
藤井 寛子
奈良県生駒市出身。淑徳大学→日本生命へ。卓球の社会人リーグで名門の日本生命に所属。
鋭いバックハンドドライブと的確なフォアでの攻撃が持ち味。
06年ジャパンオープン、全日本でも福原愛を破った。

2004年全日本学生チャンピオン 
2005年世界卓球個人戦
2006年ブラジルオープン 女子シングルス3位
2007年全日本シングルス2位




1978.10.19生 28歳
WR26位・初出場
東京アート
右ペン・ドライブ攻撃型

中国五千年の大和魂
韓 陽
中国遼寧省出身。06年5月、日本に帰化した「帰化選手」。
ジュニア時代から中国代表として活躍し、2001年には中国選手としてWRトップ20以内。
豪快なプレーが持ち味。
ドーハアジア大会で初の日本代表となる

2006年 社会人選手権 優勝
2006年 ビッグトーナメント 優勝

写真提供:月刊「卓球王国」




1989.6.9生 17歳
WR94位・二度目
青森山田高校
左シェーク・ドライブ型

若き至宝
水谷 隼
「天才」と評される若手の有望株「若き至宝」
相手の打球コースを予測しラリーを組み立てる勝負勘が素晴らしい。
03年からドイツのプロリーグで修行をつんだ。
将来を嘱望される非凡の才。両親の影響で5歳から卓球を始めた卓球エリート。
04年全日本ジュニアの部を史上最年少で制覇。

2005世界選手権では15歳10ヶ月という日本男子史上最年少で代表になった。
2005世界選手権2回戦でアテネ五輪5位・世界ランク8位の荘智淵(台湾)をフルセットの末に破る金星。 抜群の卓球センスは世界トップクラスの大物も食うプレーを見せる。
オーストリアで行われた2005年世界ジュニア選手権で準優勝
(決勝3−4で敗れた)。
2006年度の全日本では史上最年少優勝で話題を呼んだ。
もともと右利きだが、両親の指導でサウスポーとなった。

2007年全日本選手権 最年少優勝(17歳)
2006年全日本選手権 最年少ベスト8入り(当時16歳)
2005年世界ジュニア選手権 男子シングルス準優勝
2005年世界選手権 男子シングルスベスト32




1967.8.28生 39歳
WR47位・9度目
グランプリ
右シェーク・カット主戦型


世界が恐れるカットマン
松下 浩二
愛知県出身。93年日本人初のプロ卓球選手となる。
日本人選手として初めてドイツのブンデスリーガ・フランスリーグでプレー。
スウェーデン・ドイツ・フランスの欧州3大リーグを経験した後、 02年中国リーグに初参戦。五輪4大会連続出場中。
全日本卓球選手権男子シングルス優勝4回。
2000年クアラルンプール世界卓球選手権男子団体戦銅メダル。
03−04シーズンブンデスリーガに再び参戦。

05年7月中国スーパーリーグにスポット参戦。
世界有数のカットプレーが武器。大会運営などを業務とするチームマツシタ代表という顔もある。
今年、早稲田大学院・今月下旬に早大大学院スポーツ科学研究科に合格。
日本代表、社長、学生という3つの顔を持つスーパーアスリートである。 上海大会ではコーチとして日本チームを支えたが、06年団体戦は代表に復帰した。
経験豊富なベテランとしてチームをまとめる精神的支柱。北京五輪で5大会連続出場を狙う

2005年度全日本選手権 男子シングルス準優勝
93・95・01・02年度全日本選手権 男子シングルス優勝
97年世界選手権 男子ダブルス3位
アテネ・シドニー・アトランタ・バルセロナ五輪日本代表

写真提供:月刊「卓球王国」



1987.5.21生 20歳
WR88位
スヴェンソン
右シェーク・ドライブ型

未知なる大器
岸川 聖也
将来、日本の中軸を担うのは確実といわれる「未知なる大器」。
世代交代が進む日本卓球界の、ニューウェーブの一角。
05全日本で52年ぶりに高校生のベスト4入り。
2005年でドイツブンデスリーガでプレーして3年目になる。
巧みなネットプレーとバックハンドドライブ。
正確な台上技術と安定感抜群の両ハンドが武器。
05年8月のインターハイ男子シングルスで優勝し、吉田に続く3連覇達成。

2003〜2005年インターハイ・男子シングルス優勝(3連覇)
2005年世界Jrサーキット男子シングルス優勝(フィジー大会)
2004年度全日本選手権 3位(高校生として52年ぶり)


1991.4.11生 16歳
WR131位
青森山田高校1年
右シェーク・速攻型

松平 健太
卓球界期待の「マツケン」
石川県出身。両親の影響で兄・賢二(青森山田高校)とともに卓球を始める。
去年エジプトで行われた世界ジュニアシングルスで優勝。ジュニアとはいえ日本男子がシングルスの世界大会で 優勝するのは27年ぶりの快挙であった。
8種類の両面しゃがみこみサーブが武器

2007年全日本選手権シングルス ベスト16
2006年世界ジュニアシングルス優勝
2006年 アジアジュニア・カデットシングルス優勝

写真提供:月刊「卓球王国」



1988.9.29生 18歳
WR86位
東京アート
右シェーク・ドライブ型

卓球エリート"卓"
高木和 卓
東京都墨田区生まれ。卓球一家に生まれ小学3年生から卓球を始める。名前の「卓」は卓球の「卓」からとったという。
前陣でのカウンター中心の超攻撃型プレー。
2004年度全日本ジュニアチャンピオン。
高校1年生ながら2005年世界選手権の日本男子代表に選出される。
ラリー展開が速い独創的なプレーと独特の存在感。

代表の中で異彩を放つニュータイプ。 絶体絶命の場面でカウンター攻撃に連発し奇跡の勝利を手にすることが多い。
天性の開き直り。 劣勢でも動じない精神力と超攻撃的なカウンターで相手を撃破する。

2005年度全日本選手権 男子シングルスベスト16
2004年度全日本選手権 男子シングルスベスト8
2004年度全日本ジュニア男子シングルス優勝



 

 

 

 

 

 

 

 

TV TOKYO