世界卓球2010

AKB48卓球部物語

世界卓球2009 > AKB卓球部 > AKB48卓球部物語
AKB48 卓球部

『活動編』

3月某日

この日、AKB48卓球部のメンバー達は都内某所に集合。
まず行なったのは日本代表選手の特徴とその人となりのお勉強。
長く卓球の日本代表を追い続け、
その情報に詳しいテレビ東京「世界卓球」
実況アナウンサー某氏からレクチャーを受けました。
選手達の勝利への想いを事前の講義で知った彼女達は、
選手達がそこまでの想いで目指す「勝利」というものを
自ら味わってみたいと思ったようで…
そこで、
その後急遽開催されたのが
「AKB48卓球部最強女王決定トーナメント」
メンバー8人のガチンコトーナメントで誰が勝つのか?
卓球部エースの座もかけた熱き戦いが始まった…
好勝負が展開されていく中、
決勝に進んだのは宮崎美穂と高橋みなみの2人!
相手のタイミングをずらす
必殺サーブで勝ち進んできた宮崎と飄々と
プレーをしながら隙あらばスマッシュを決め
攻撃的な卓球で決勝に進んだ高橋。
お互いに気持ちでも譲らず、一進一退の攻防が続いたが…
結果、
初代女王の座を掴んだのは高橋みなみ!!
惜しくも敗れた宮崎をはじめ残りのメンバー達は
大いに祝福したのでした。


しかし、
このあとスタッフから重大発言が!
優勝した高橋みなみは、
後日AKB48卓球部の代表として日本のエース・
福原愛選手と戦うことが発表されたのでした。
高橋は驚きとそのプレッシャーに打ち震えるのだった…

3月某日

この日、都内某所に集ったAKB48卓球部は、
とある番組の収録に参加。
この番組こそ「キンコンヒルズスペシャル」。
キングコングの2人がMCのバラエティだが、
今回は世界卓球のPRも込めて制作されるということで、
登場するのは福原愛選手をはじめとする日本代表の選手達。
応援ユニット「AKB48卓球部」
さらにテレビ東京女子アナによる
世界卓球PRユニット「ピンポン7」
そして豪華お笑い芸人のみなさんたちなどなど…
「卓球をガチでやる!」がテーマの番組だけに、
真剣な空気とバラエティ番組のテイストが融合した
楽しい収録となりました。
先日「AKB48卓球部最強女王決定戦」で優勝を果たした
高橋みなみはこの収録中にキングコング梶原さん、
そして日本のエース・福原愛選手と卓球対決!
結果はなかなか残すことはできませんでしたが、
収録の合間に日本代表選手たちと触れあい、
その素顔とその想いに触れたAKB48卓球部。
応援ユニットとして大いに実りある1日となりました。

4月1日

この日はテレビ東京第1スタジオにて
「世界卓球2009」の記者会見が開かれました。
総勢20名の代表選手たちも集まりにぎやかに開催されたこの会見に
応援ユニットであるAKB48卓球部も登場。
メンバーそれぞれが意気込みを語り集まった
各メディアの記者さんたちに熱い気持ちをアピールしました。



『誕生編』

「世界卓球」応援ユニットとして発足し、そのPRのために
日々活動を続けるAKB48卓球部。
しかし、このユニット誕生の裏にはある激闘の物語があった…

3月某日

テレビ東京「世界卓球」中継班は考えていた…
真の卓球世界一決定戦であるこの大会をもっと多くの人に
見てもらいたい、そして勝利に向け闘う選手達を
もっと多くの人に応援してもらいたい!
過去4回の中継を通じ、若い層からの支持が他の年代に比べ
少ないことを実感していた中継班はあるアイドルグループに
そのミッションを託すこととした…
そのグループこそAKB48!

しかし、そこにはひとつの問題が…
それは「卓球愛」!!
卓球を愛し、その楽しさと競技としての厳しさを
分かってもらえなければ応援ユニットとして活動していくことはできない!

そこで!
4人のメンバーがAKB48を代表し卓球特訓に挑戦!
そのやる気を試されることになった。

指導者に福原愛選手の母親・千代コーチを招き
卓球を初歩から教わった彼女達。

着実な上達を見せ、臨んだ最大の試練…
それは「10球連続ラリー」への挑戦。
メンバーがひとりでも成功すればこの課題はクリア。
AKB48卓球部が生まれることとなる。
しかし、
宮崎美穂、小野恵令奈は惜しくも失敗。
順調にラリーを重ねていた宮澤佐江は何と10球目がOUT!
あと1歩が届かなかった…

最後の砦として秋元才加に全ての期待がかかる…
しかし、そんなプレッシャーをものともせず
見事この課題をクリアした秋元。
そして、この瞬間AKB48卓球部が誕生したのだった!

その数日後、あらたに合流した4人のメンバーと共に
総勢8名からなるAKB48卓球部が発足!
部長には結成前夜の活躍が認められ秋元才加が就任。
AKB48卓球部は世界卓球応援ユニットとして
これから色々な場所で活躍していく。