山口智子 手わざの細道 4月1日(日)夕方4時〜5時15分
山口智子 手わざの細道 4月1日(日)夕方4時〜5時15分 山口智子 手わざの細道 4月1日(日)夕方4時〜5時15分
「かたち」には嘘がない。
ちゃんとした物は、ちゃんとした人から生まれてくる。
熟練と試行錯誤の切磋琢磨を乗り越え、コンピューターも敵わぬ精巧で見事な技で、さらりと美しいかたちを作り出す職人さんたち。彼らは、ほんとうにかっこいい。結果で勝負する言い訳のない世界で生きる人は、潔く美しい。
私は彼らに、焦がれ続ける。いつの世も世界を引っ張って来たのは、それぞれの域で技を磨く、職人さんなのだから。
彼らの作業場を訪ねると、いつも、人生観が変わるほど素敵な言葉や、豊かな時間を頂く。その道を邁進するひとは、みんな、心に強く届く言葉を持っている。想いがあるから、言葉が生まれるのだ。
ちゃんとした物をつくる人の言葉や、ちゃんとした物が無言で語る言葉には、
境を越えて響き合える「こころ」が隠されている。それを、見たい、聞きたい、知りたい、伝えたい。一刻の猶予もならない。昨今のサイクルはあまりに早く
烈しく、美しいものほど、気づけば消えてしまう世の中だから。
「かたち」には嘘がない。
ちゃんとした物は、ちゃんとした人から生まれてくる。
熟練と試行錯誤の切磋琢磨を乗り越え、コンピューターも敵わぬ精巧で見事な技で、さらりと美しいかたちを作り出す職人さんたち。彼らは、ほんとうにかっこいい。結果で勝負する言い訳のない世界で生きる人は、潔く美しい。
私は彼らに、焦がれ続ける。いつの世も世界を引っ張って来たのは、それぞれの域で技を磨く、職人さんなのだから。
彼らの作業場を訪ねると、いつも、人生観が変わるほど素敵な言葉や、豊かな時間を頂く。その道を邁進するひとは、みんな、心に強く届く言葉を持っている。想いがあるから、言葉が生まれるのだ。
ちゃんとした物をつくる人の言葉や、ちゃんとした物が無言で語る言葉には、
境を越えて響き合える「こころ」が隠されている。それを、見たい、聞きたい、知りたい、伝えたい。一刻の猶予もならない。昨今のサイクルはあまりに早く
烈しく、美しいものほど、気づけば消えてしまう世の中だから。
「かたち」には嘘がない。
ちゃんとした物は、ちゃんとした人から生まれてくる。
熟練と試行錯誤の切磋琢磨を乗り越え、コンピューターも敵わぬ精巧で見事な技で、さらりと美しいかたちを作り出す職人さんたち。彼らは、ほんとうにかっこいい。結果で勝負する言い訳のない世界で生きる人は、潔く美しい。
私は彼らに、焦がれ続ける。いつの世も世界を引っ張って来たのは、それぞれの域で技を磨く、職人さんなのだから。
彼らの作業場を訪ねると、いつも、人生観が変わるほど素敵な言葉や、豊かな時間を頂く。その道を邁進するひとは、みんな、心に強く届く言葉を持っている。想いがあるから、言葉が生まれるのだ。
ちゃんとした物をつくる人の言葉や、ちゃんとした物が無言で語る言葉には、
境を越えて響き合える「こころ」が隠されている。それを、見たい、聞きたい、知りたい、伝えたい。一刻の猶予もならない。昨今のサイクルはあまりに早く
烈しく、美しいものほど、気づけば消えてしまう世の中だから。
「かたち」には嘘がない。
ちゃんとした物は、ちゃんとした人から生まれてくる。
熟練と試行錯誤の切磋琢磨を乗り越え、コンピューターも敵わぬ精巧で見事な技で、さらりと美しいかたちを作り出す職人さんたち。彼らは、ほんとうにかっこいい。結果で勝負する言い訳のない世界で生きる人は、潔く美しい。
私は彼らに、焦がれ続ける。いつの世も世界を引っ張って来たのは、それぞれの域で技を磨く、職人さんなのだから。
彼らの作業場を訪ねると、いつも、人生観が変わるほど素敵な言葉や、豊かな時間を頂く。その道を邁進するひとは、みんな、心に強く届く言葉を持っている。想いがあるから、言葉が生まれるのだ。
ちゃんとした物をつくる人の言葉や、ちゃんとした物が無言で語る言葉には、
境を越えて響き合える「こころ」が隠されている。それを、見たい、聞きたい、知りたい、伝えたい。一刻の猶予もならない。昨今のサイクルはあまりに早く
烈しく、美しいものほど、気づけば消えてしまう世の中だから。
ベルメゾンネット
山口智子セレクトの‘手わざの匠の逸品’キャンペーンはこちら 


<関東・江戸の手わざ>

ガラスペン 佐瀬 勇さん
ガラスペンの発祥は日本だった。風鈴職人が筆記用具に困って作ったのが始まり。
ペン先の等間隔の八本の溝が滑らかな書き味の秘密。「海外のペンは数文字でかすれてしまう。 
でもこのペン先は、インクを一度吸い上げたら、はがき一枚300文字は書き続けられる」
ガラスペン 佐藤勇さん


江戸木箸 竹田勝彦さん
父が桐の下駄職人だったという竹田さんは、「なぜ箸は四角なのだろう?」 素朴な疑問から箸づくりを始め18年、
五角や八角形の箸を手で削りだし話題を呼んだ。
「奇数の美ってあるんですよ。ロボットは偶数の世界、人は奇数のアンバランスの中の完全なる美を
指先の感覚ひとつで作り出せるんです。」 車のタイヤのデザイン研究チームも、木箸の形を学びに訪れるという。
江戸木箸 竹田勝彦さん


江戸小紋 小宮康孝さん
「小紋の柄は、世界一の抽象パターンですよ」と江戸小紋・人間国宝の小宮さん。
遠めには無地に見えるが、近くで見れば細かい模様が染め抜かれてる。
精密に柄が彫りこまれた型を生地にのせ糊を置き、防染することで細かな柄が生まれる伝統技法。
そのはっとするような色に、ただ魅せられる。 今年81歳の小宮さんは、「伝統とは日々の改良の積み重ね」だという。
江戸小紋 小宮康孝さん


<関西・東大寺お水取りに見る手わざ〜染織家吉岡幸雄氏の案内で>
【染司吉岡幸雄氏紹介 天然素材の染〜】
巨大機織り機〜天平時代の織物復活
東大寺に奉納した完成品、聖武天皇の肘掛

巨大機織り機〜天平時代の織物復活 東大寺に奉納した完成品、聖武天皇の肘掛



【吉岡氏インタビュー 東大寺二月堂取材】
紙衣(かみこ)・ 根来塗り
ほか講の手わざ色々

紙衣(かみこ)・ 根来塗り ほか講の手わざ色々
【お水取り準備・行事の中の色と手わざ】
奉納するための和紙染め、 花拵え、
奈良東大寺二月堂材、菓子「糊こぼし椿」
奉納するための和紙染め、 花拵え、奈良東大寺二月堂材、菓子「糊こぼし椿」



【籠松明上堂/お水取り/達陀 東大寺二月堂】
〜お水取り〜春の訪れ
〜お水取り〜春の訪れ
テレビ東京(c)TV-TOKYO