謎の写真に隠された過去の怨念…
美しい大自然に仕掛けられた殺意とは…
山岳ミステリーの傑作!!
北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼(7)
白馬大雪渓・殺意の罠
 10年10月17日(日) 午後2:00~3:55
(原作) 梓林太郎
(脚本) 渡辺善則
(監督) 中村金太
キャスト
紫門一鬼
(北アルプス山岳救助隊隊長)
小室康平(白馬北署主任)
峰原弥生(華道家)
大杉 尚(山小屋主人)
秋葉 美由紀(山小屋手伝い)
篠田由香(山岳カメラマン)
村越 保(小説家、ガイド)
高畑明久(編集長)
一色宏美(山岳救助隊員)
伏見刑事

・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・

高嶋政宏
渡瀬恒彦
野村真美
高橋元太郎
山下容莉枝
遊井亮子
深水三章
潮 哲也
一色采子
片桐竜次

あらすじ
白馬岳の山小屋を、華道家・峰原弥生、編集者・高畑明久、山岳カメラマン・篠田由香の一行が訪れた。弥生が活ける華道作品のための撮影旅行だという。しかし3人の仲は険悪だ。芸術家肌の弥生に、苛立ちを隠せない由香。弥生を家元に据えて、峰原流を乗っ取ろうとする高畑。山小屋の主人・大杉尚は、仲の悪い3人に登山ができるのか心配する。
高畑は大杉に、弥生の最初の作品集を見せた。“立山連峰に稲光が走る瞬間”を捉えた写真を背景に、華麗な生花が据えられる。見事な山岳写真だった。