白骨死体は10億持ち逃げした夫?
悲しみの妻のウラの顔…
捜査検事 近松茂道8
-伊勢志摩海女伝説殺人事件-
 10年11月7日(日) 午後2:00~3:55
(原作) 高木彬光
(脚本) 坂上かつえ
(監督) 岡屋龍一
キャスト
近松茂道
(津地方検察庁捜査検事)
山際警部
(三重県警捜査一課警部)
稲垣美智子(稲垣の妻)
磯野香里
(津地方検察庁検察事務官)
及川一夫(三重県会議員)
小林(三重県警捜査二課刑事)
海老沢美紀(海老沢の娘)
堀 俊一
(三重県警捜査一課刑事)
磯野福美(香里の母・海女)

・・・

・・・
・・・

・・・
・・・
・・・
・・・

・・・
・・・

高橋英樹

渡辺 哲
荻野目慶子

芦川よしみ
田中 実
山崎 一
石橋奈美

布川敏和
絵沢萠子

あらすじ
三重県津地方検察庁に赴任した捜査検事・近松茂道(高橋英樹)は、志摩山中で他殺体となって発見された観光会社社長・稲垣(江上真悟)の事件を担当。稲垣は志摩の無人島を舞台に、リゾート開発話を絡めた投機詐欺を働いたことが露呈する。そんな中、稲垣の元部下・河北(水野純一)が逮捕される。近松は逮捕理由が腑に落ちず、慎重に捜査を進めるよう促す。さらに、独自に稲垣の妻・美智子(荻野目慶子)に事情を聞くが。