洋菓子教室 殺人事件!
カリスマ主婦の素顔が暴かれる…
多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉(8)
最期のメッセージ
 11年4月10日(日) 午後2:00~3:55
(原作) 夏樹 静子
『ダイイング・メッセージ』
(「死刑台のロープウェイ」所収)徳間文庫
(脚本) 西村タカシ
(監督) 中山史郎 キャスト
近松丙吉
(多摩南署刑事課・主任刑事)
村越実(多摩南署刑事課・係長)
工藤多恵子
(スイーツ教室のカリスマ主婦)
近松春子(近松の妻)
山形治
(警視庁捜査一課管理官)
工藤恒夫(多恵子の夫)
瀬川真理子(多恵子の妹)
堀部安隆(多摩南署刑事)
永原良美
(生保ライフプランナー)

・・・
・・・

・・・
・・・

・・・
・・・
・・・
・・・

・・・

伊東四朗
角野卓造

かとうかず子
市毛良枝

三浦浩一
石丸謙二郎
今村恵子
大沢健

西牟田恵

あらすじ
多摩南署主任刑事・近松丙吉が難解事件を解決する!ある日、多摩市内の寺でカリスマパティシエ主婦・工藤多恵子が撲殺体で発見された。衣服が乱れていたことから強姦殺人の見方が強まるが、陵辱の痕跡は認められなかった。さらに、多恵子の下着に「30すぎグレーのふく」と書かれた紙切れが挟まっていた。刑事らは、犯人を示すダイイング・メッセージと受け止めて捜査を進めるが…。