寝台列車カシオペアが結ぶ父子の愛憎…
幻の列車の正体!?完璧アリバイトリックを暴け!
鉄道警察官 清村公三郎6
SLニセコ号 殺意の汽笛
 12年5月6日(日) 午後2:00

(原案) 島田一男
(脚本) 松井信幸
(監督) 吉川一義
キャスト
清村公三郎 (鉄道警察隊
東京分駐所・巡査部長)
残間恭介
(財政省主計局予算一課・課長)
清村市子(清村の妻)
江川崎恵(フリーライター)
橋本玲子(鉄道警察隊・副隊長)
三宅輝男
(財政省予算一課・職員)
鯉沼 (札幌車掌区・
カシオペア担当車掌)
山崎萌(鉄道警察隊員)
北原隆信(駅の宿『ひらふ』主人)

・・・

・・・
・・・
・・・
・・・

・・・

・・・
・・・
・・・

小林稔侍

保阪尚希
丘みつ子
すほうれいこ
根岸季衣

西川忠志

斎藤清六
小林千晴
津嘉山正種


あらすじ
鉄道警察隊・清村公三郎(小林稔侍)は、東京駅構内を巡回中、男女のいさかいを目撃して仲裁に入る。女性はフリーライターの恵(すほうれいこ)で、男性は恵が取材中の財政省官僚・残間(保阪尚希)であった。翌日、財政省広報室の細川千尋(ひがし由貴)が変死体で発見される。千尋は、恵に残間の取材を勧めた人物で、彼女が最後に電話をかけていた。清村は事件の真相を知るため、独自に捜査することに…。