次々に消える“赤い”自転車
その裏に仕掛けられた殺人連鎖とは!?
神楽坂署 生活安全課(2)
花街欲望の殺意
 13年5月5日(日) 午後2:00
【脚本】 安井 国穂
【監督】 津崎 敏喜
キャスト
高岡 英治(神楽坂署生活安全課係長)
戸川 六輔(生活安全課刑事)
相原 梓(警視庁捜査一課警視)
本木 瑞枝(代議士秘書)
横山 正義(生活安全課課長)
中村 隆夫(神楽坂署捜査課係長)
笹原 壮夫(無職)
笹原 浩子(妻)
瀬川 三郎(証券会社副社長)
永江 昇一郎(生活安全課刑事)
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
舘ひろし
モト冬樹
戸田菜穂
大島さと子
清水章吾
誠直也
飯田基祐
辻沢杏子
浅見小四郎
金児憲史

あらすじ
神楽坂署生活安全課の英治と六輔は犯人を追走中、マンションの一室で血まみれの刺殺体を発見。被害者は証券会社の社長・宮嶋秀夫だった。
一方、赤いマウンテンバイクを狙う盗難事件が続出。目撃者の情報から小学生の笹原和人が疑われるが、和人は証券会社をリストラされ失踪した父・壮夫に借りたと証言。盗難犯人は壮夫だった。壮夫の犯行動機は?さらに証券会社の副社長・瀬川も宮嶋と同じ方法で殺害され、壮夫に容疑が掛かる。