番組概要
バックナンバー
出演者プロフィール
ご意見ご感想
TOPへ戻る
 
     
 
第35回 幕末維新(2HSP)

●ペリー来航
 徳川幕府が鎖国して200年以上が経った1853年、太平の江戸の世に突如激震が走った。アメリカの星条旗をなびかせた4隻の黒船が現れたのである。長い歴史の中で、最も日本中が慌てふためいた「ペリー来航」。開国を迫られた幕府のトホホぶりとは?
●大奥
幕末の激動・・・。それは大奥にも押し寄せていた。ペリーが浦賀に来航した1853年に12代将軍家慶が死去。変わり者な上、子宝に恵まれない13代将軍家定に世継ぎは期待できなかった。江戸城では、慶喜を推す一橋派と、慶福を推す南紀派が世継ぎ争いを繰り広げる。そしてその戦火は、女の園「大奥」にも飛び火した!
●勤皇芸者・君尾
 幕末の時代に男性以上に活躍した一人の女性がいた。京の祇園で人気の芸者、君尾である。近藤勇を袖にし、新選組の拷問でも屈しなかった彼女を、人は勤皇芸者と呼んだ。敵方の女性に恋をした近藤が巻き起こした、とんでもない事件とは?
●大政奉還〜江戸城無血開城
 1866年12月5日、弱体化した幕府を立て直す切り札として登場した、徳川15代将軍慶喜。しかし幕府の命運を握る男の夢は、わずか10ヵ月で敗れてしまう。時代に翻弄された男の大誤算とは?
●文明開化のトホホ
 1868年、新政府樹立。時代は明治となった。西洋の文明を取り入れ、制度や習慣が大きく変化した、いわゆる文明開化。突然入ってきた西洋文明や次々に決まる新法律に、市民達の生活は急激に変化していった。しかし、市民はその急激な近代化にはついていけず、様々なトホホな出来事が起こっていた!
●西南戦争
明治維新の最大の功労者、西郷隆盛。何故彼は新政府から脱退し、西南戦争を起こしてしまったのか?その壮絶人生の裏にあった愛情物語に迫る。
Back
 
 
テレビ東京