番組概要
バックナンバー
出演者プロフィール
ご意見ご感想
TOPへ戻る
 
     
 
第45回 ベルサイユの女たち
●マリー・アントワネットのトホホ
14歳でルイ16世と政略結婚をさせられ、初恋の相手からは王妃だからと敬遠され、最も大切な友人とは同性愛の疑いをかけられた上に金づるにされてしまった、マリー・アントワネット。
しかし遂に、彼女の目の前に運命の人が現れる。それは、スウェーデン人のフェルゼン。彼女が生涯で最も愛した人物である。マリーは彼を近くに置くために近衛兵として取り立てる。だがそんな時、フランス革命が勃発し、マリーは国外への逃亡を余儀なくされる。そして、その準備をしたのが、フェルゼンであった。だが、彼がこの時に愛していたのは、マリーだけではなかった・・・。そんな彼女に、さらなるトホホが待ち受けていた!
●ポンパドゥール夫人のトホホ
独裁的な絶対王政をしいた、太陽王ルイ14世。しかし、その後を継いだルイ15世は政治に興味がなかったため、彼の寵愛した女性たちが権力を握っていた。中でも、一番政治に影響力を持っていたのが、ポンパドゥール公爵夫人。市民出身初の寵妃となり、美貌と知性で権力を欲しいままにしていた。ところが、彼女が権力を持ちすぎたが故に、フランス革命の原因をつくり、ブルボン王朝を滅ぼしてしまうことになる。
●ベルサイユ宮殿のトホホ
ルイ14世がつくったベルサイユ宮殿。そこは、ブルボン王朝の華やかな貴族たちの社交場、そして政治の舞台でもあった。ところが、宮殿内の生活はとんでもなくトホホなものだった。ルイ14世の一日や、ベルサイユ宮殿のトホホな規則などを紹介する。

マニアなセンス
宝塚歌劇団マニア草葉たつやさん(41歳)
部屋中の至る所に置かれている宝塚グッズ。まるで倉庫の様で足の踏み場もない?ほどの宝塚グッズの山。
大正時代のチケットから、今や大スターの初演時のパンフレット。 絶対に出回るはずがないトップスターの衣装や小道具まで、コレクション品は幅広い。
ファンが誰もが一度は手にしたい「ベルサイユのばら」舞台のエンディングで使われるブーケやトップスターの衣装などのお宝グッズがスタジオに登場!実際に手にしてゲストも大感激!

「トホホ人物伝」心理テスト
次の問題であなたがマリー・アントワネットタイプか、ポンパドール夫人タイプか?がわかります。

Q. 明日一緒に遊ぶ友人が、あれこれ携帯メールで相談してきます。あなたはどうする?

A.すぐメールで返事する
B.あとで直接電話する

果たしてあなたは、どっちのタイプ?(利用する側か利用される側がわかります)

<診断>
Aを選んだあなたはマリーアントワネットタイプ。人の気持ちを深読みせず、疑うことを知らないあなた。人に利用されないように!

Bを選んだあなたはポンパドールタイプ。物事に優先順位をつけて自分本位に考えるあなた。気づかぬうちに人を利用しています。相当恨まれてますよ!

Back
 
 
テレビ東京