番組概要
バックナンバー
出演者プロフィール
ご意見ご感想
TOPへ戻る
 
     
 
第49回 安土桃山
歴史を変えた女・吉乃
1467年、応仁の乱から始まった戦国時代は、その70年後に稀有な人物を生み出した。尾張という小国に生まれ、戦国時代に終止符を打つべく「天下布武」を宣言した、織田信長である。
だがこの信長を陰で操り、後の天下人・豊臣秀吉をも生み出した、いわば歴史を塗り替えた女性がいた。彼女の名は、吉乃。しかし彼女の存在があまりにも大きすぎたため、信長は天下を取ることが出来なかったのである。
歴史の陰に隠れ時代を動かした吉乃。そんな彼女を襲ったトホホとは?
信長残酷物語
織田信長、別名・魔王。比叡山延暦寺の焼き討ちなど、彼の残酷な行いは当時、日本中を震え上がらせていた。しかし、その信長に抵抗した女性がいた。彼女の名は「おつや」、信長の叔母である。そんな彼女がたどった、激しくも悲しい人生とは?
安土桃山のトホホ
中世と近世の橋渡しをした安土桃山時代。商業改革が行われ、楽市楽座が町の発展を助けた。この時代の名前の元となった、豪華絢爛な安土城。南蛮文化の影響を受けたこの城には、トホホが満載だった。

マニアなセンス
今回のマニアな人は、時計マニア歴26年の岡田和夫さん(46歳)
今までに集めた時計は1000個以上。
特にこだわりを持っているのが和時計。
室町時代末期に日本に伝わった月齢表示付き掛時計や、1000万円する日本初の振り子時計など貴重な物ばかり。
その中でも特に岡田さんのお気に入りの時計がスタジオに登場。

<櫓時計>(やぐらどけい)購入金額100万円。
江戸時代中期から後期にかけてつくられたもので、重りで動く時計。やぐらと呼ばれる台の蓋の内側に貼られた「時計仕掛之書付」と書かれた紙により、世界ではじめて和時計の具体的な調節方法が確認された学術的価値が高いもの。

<燈前尺時計>(とうぜんしゃくどけい)
文字盤の針が上から下へ垂直に動き時刻を示す日本独自の和時計。
文字盤が和紙でできており、灯りの前に置くと文字盤が影絵のようにうかびあがり、夜でも時間が確認できる。

<香盤時計>
江戸時代、庶民の間では機械時計はとても高価なもので手に入らなかった。そこで、庶民が使っていたのが線香時計。
線香が燃えた長さで時間を計っていた。

岡田さんの夢は公共の博物館をつくること。


「トホホ人物伝」心理テスト
次の問題で、アナタがおつやタイプか、吉乃タイプかが分かります。

Qアナタの目の前には、草原が広がっています。
あなたはここに何をつくりますか?

A 牧場や農園をつくる。
B 駅や町をつくる。

Aと答えたアナタは男性を幸せにする吉乃タイプ。
しかし、男性を甘えさせながらも、操るしたたかさも持っています。

Bと答えたアナタは男性を不幸にするおつやタイプ。
裏切られると絶対に許しません。でも、復讐はほどほどに!

Back
 
 
テレビ東京