番組概要
バックナンバー
出演者プロフィール
ご意見ご感想
TOPへ戻る
 
     
 
第50回 ヒトラーと闘った女たち
マレーネ・ディートリッヒ
ヒトラーがナチス政権を樹立した頃、世界を魅了したドイツ人のハリウッドスターがいた。彼女の名は、マレーネ・ディートリッヒ。彼女の映画「嘆きの天使」に心酔していたヒトラーは、自らが制作を指揮する映画に何としてもディートリッヒを起用したいと考えていた。これは、ナチスの広告塔として彼女を利用するためであった。しかし、アメリカで思うがままの生活を送っていたディートリッヒにとって、ヒトラーの支配するドイツには何の興味も持てなかった。度重なるヒトラーの脅迫にも闘う姿勢を崩さなかった彼女に、思いもよらないトホホな運命が待ち受けていた!
ココ・シャネル
反ナチスのドイツ将校と手を組み、ドイツの首都ベルリンに単身で乗り込んだココ・シャネル。何と彼女は、ナチス政権を揺るがすほどの極秘作戦を企てていた。それは、顔見知り以上の関係にあったイギリスの首相チャーチルを口説き、イギリスとドイツとの間に単独和平交渉を結ばせようというものであった。だが、この作戦の裏にはシャネルのトホホな思惑が隠されていた!
エリザベス女王
第二次世界大戦中、ロンドンはヒトラー率いるナチスドイツの度重なる空爆で火の海と化し、イギリス国民を恐怖に陥れた。そんな中、国民を奮い立たせたのが、現在のエリザベス女王の母で、元祖「鉄の女」こと故エリザベス皇太后。ヒトラーに怯える国民の戦意を高揚させ、絶大な支持を得た。しかし、長女の現エリザベス女王は、そんな戦いのさなかにも豪快でトホホなセレブライフを送っていた!

マニアなセンス
第三回目は、ドイツコレクター(キューベルワーゲン)木村宏さん(73歳)
ヒトラーが国民の車という意味でポルシェ博士につくらせたフォルクスワーゲン。それを第二次世界大戦時に軍用に改造した車がキューベル(軍用)ワーゲン。
木村さんのキューベルワーゲンは、1942年モデル(63年前の車)でまだ走る!
しかし馬力は25馬力とバイク並み。日本に現役で走れるキューベルは3台しかない。
木村さんは、年に5回以上ドイツに渡ってキューベルワーゲンの部品を買いあさっている。

「トホホ人物伝」心理テスト
次の問題で、アナタがディートリッヒタイプか、シャネルタイプかが分かります。

Q景色のよい山へ来たあなた、山頂へ向かうためのコースは二つ

A 草木が生え、緑が美しいハイキングコース。
B 周囲の景色が一望できるロープウェイコース。


これでアナタの恋愛観が分かります。

Aと答えたアナタはディートリッヒタイプ。
自分の生き方に信念を持ち、同じ価値観を持つ人と結びつくでしょう。
ただ、情が深く簡単に別れることができないタイプ。

Bと答えたアナタはシャネルタイプ。
目標達成のために恋愛や結婚を利用することもいとわない野心家。
しかし、欲を出しすぎると痛い目に。

Back
 
 
テレビ東京