番組概要
バックナンバー
出演者プロフィール
ご意見ご感想
TOPへ戻る
 
     
 
第55回 昭和のトホホ・前編
● 昭和42年ミニスカート狂想曲
10月18日、イギリス人モデル・ツイッギーが来日。
「ミニの女王」と言われたツイッギーのスレンダーな魅力に
男性だけでなく女性たちもノックダウン!
後にミニスカートの日とされたこの日から日本は空前のミニスカートブームを迎える。2年後には小川ローザのミニスカートがめくれあがるCM「オー・モーレツ!」が世の男性を興奮させた。だが、その興奮が思わぬところに飛び火。なんと全国の小学校でスカートめくりが大流行! 社会問題にまでなってしまった。
● 昭和47年パンダ来日狂想曲
日中国交正常化を記念して中国から贈られたパンダ。それまでパンダという言葉すら知られていなかったため、一体どんな動物なのか?何を食べるのか?どのくらいの檻を用意すればよいのか?未知のことばかり。
受け入れ先の上野動物園では、てんやわんやの大騒ぎとなった。こうした騒動の中、来日した2頭のパンダ、カンカンとランラン。
慣れない環境のせいか?風邪をひくなど体調をくずしてしまった。
上野動物園側の対応はいかに…!?
● 民族の祭典!東京オリンピック秘話
昭和39年アジア初のオリンピックとなった東京オリンピック。
日本国民の熱い声援を背に受け、東洋の魔女と呼ばれた女子バレーや体操男子、レスリングなどで金メダルラッシュとなった。
だが、その歴史的祭典の裏側では数々のトホホが隠されていた。
例えば国立競技場の地下通路には、なんと女性専用の立ち小便器が設置されていた。その理由は?
● 中山VS須田 仁義なき女の戦い
昭和38年頃から突然大ブームを巻き起こし国民的スポーツとなったのがボウリング。中でも女子プロボウラーは花盛り! 時代のアイドルとなったのである。
特に注目を浴びたのが、「さわやか律子さん」中山律子と「ボウリングの女王」須田開代子! 
2人の熾烈な戦いはボウリング以外の部分でも繰り広げられていた…

マニアなセンス
今回のマニアな人は昭和おもちゃマニア歴15年の山田一雄さん(41歳)
昭和時代のおもちゃを約1万点収集。


〈中山律子ボウリングゲーム〉
1971年発売
あの“さわやか”律子さんのボウリングゲーム。
ボールを投げてピンを倒す卓上ボウリング。
投げてる人形は中山律子さんではなく、なぜか男性の人形。。



〈リカちゃん人形コレクション〉
ご存知リカちゃん人形の2代目(1972〜1981年)とリカちゃんハウス。
人魚型のリカちゃんファミリーもあった。

〈HIP FLIP(ヒップフリップ)〉1968年発売
二人のウエストで支えた棒に付いたプレートを回転させて遊ぶ。

「トホホ人物伝」心理テスト
次の問題であなたが中山律子タイプか須田開代子タイプかわかります。

Q 釣り人のあなたは釣った魚に命乞いをされました。どちらの言葉で逃がしてやりますか?

A わたしには家族がいます
B 宝物を差し上げます

これであなたの人生の成功の仕方がわかります!

Aのあなたは中山律子タイプ
人間関係に恵まれて、徐々に成功を勝ち得ていく長期決戦型

Bのあなたは須田開代子タイプ
一発勝負の潔さで早いうちに成功を手にする短期決戦型

Back
 
 
テレビ東京