今回のハテナ
> 平成19年11月4日放送分 「大気汚染ってどうなっているの?」
(罫線)

今回のねらい

工場の煙突からでる煙や自動車の排ガスなどにより深刻化した大気汚染の問題に対して、 国や自治体は次々と対策や規制を行ってきましたが、果たして大気汚染は改善されて いるのでしょうか?企業の努力や市民レベルで出来ることとは? 身近な場所で空気の測定を実際に行い現状を調査しました。

今回のねらい
企画のポイント
■大気汚染の現状はどうなっているの?

  ディーゼル車対策など行政がとった対策は実際に効果がでているか?
クワバタオハラの二人が直接、東京都庁に聞きに行きました。
大気汚染の原因となっている汚染物質とは何なのか?
NO2(二酸化窒素)、SPM(浮遊粒子物質)とはどんなもの?その発生原因と環境への 影響を調べました。

企画のポイント
■大気汚染はどうやって測定しているの?

行政機関が発表している大気汚染の実態とは、どのような基準で、どのような測定が 行われているか?東京都内に82ヵ所ある観測所の一つにクワバタオハラが調査に 向かいます。
企画のポイント
■大気汚染を減らすために何ができる?

  大気汚染を減らすためには、民間レベルでの働きが不可欠。企業は大気汚染対策のために どのようなことを行っているのか?市民レベルでは、何が出来るのか?を調査しました。

企画のポイント
■海外からやってくる大気汚染とは?

昨今問題になっている海外からやってくる大気汚染。「越境汚染」と呼ばれ、国を超えた 問題となっています。
企画のポイント
   
■いまだかつてないトライ 〜普段、どんな空気を吸っているの?〜

クワバタオハラの二人が、空気測定器を作り、普段暮らしている場所で実際に 計測します。
日頃吸っている空気はどうなっているのか?
地球・国レベルで問題視されている 環境問題を自作した測定器を使って身近な場所で調査しました。

高橋道場
高橋道場
高橋道場
■ 高橋道場  〜 足裏で畳の良し悪しが分かるか!? 〜

スタジオを飛び出し、高橋さんが普段吸っている空気の汚れ具合を実際に測定しました。

高橋道場
高橋道場
ゲストコメンテーター

崎田裕子(環境カウンセラー)

(罫線)
もどる