今回のハテナ
> 平成20年3月16日放送分 「どうなってるの?歯医者の値段」
(罫線)

今回のねらい


今やコンビニの数を大きく上回るほどの歯科診療所。全国およそ6万件を超えるという。 しかし、医師が違えば技術は違い、患者にとって一つの歯医者を選び、 治療を全て任せるには、多くの疑問・不安を伴う。そこで今回は、患者の立場で 疑問に思うことを徹底的に追求する。

今回のねらい
企画のポイント
■〜同じように見える差し歯 どう違うの?〜

素材の強度=値段ではないという差し歯。では何が違うのか? 保険内で作られる差し歯の工場を訪ね、その工程を追ってみる。 また、保険外の差し歯工場も訪れ、様々な違いをみつけてゆく。 その違いの理由を探り、歯科業界の実情を取材する。
☆和田精密歯研株式会社 クラウンセンター綾上
☆和田精密歯研株式会社 東京事業所

企画のポイント
■〜安くて良い歯は出来ないの?〜

患者にとって高い技術を求めるのは当然だが、一方で高額出費となるのも周知の事実。 そんな患者のためにと、歯科業界では新しい取り組みを行っているところが。 高額になる「保険外義歯」の生産を、国外に委託するというもの。 ところが、歯科技士法に違反するという意見もあり、現在議論がなされている。

企画のポイント
   


■いまだかつてないトライ  〜歯医者によってどんな違いがあるの?〜 

患者は同じでも、かかる歯科医によってどんな違いがあるのかを検証。 都内中心部と郊外の歯科医を訪ね診察してもらう。 医者は何を言うのか?どのように違うのか?治療方法は?値段は? 様々な違いを見つけ、その理由を探る。
☆大河原歯科クリニック(千葉県柏市南柏)
☆丸の内デンタルオフィス(東京都千代田区丸の内)

いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
■ 高橋道場 〜差し歯比べ〜   

差し歯一つとっても、保険内で作られたものと保険外で作られたものでは値段に 大きな差が。そこで、安いものから高いものまで様々な差し歯を集めどれが 高い(保険外)のかクイズに答える。


高橋道場
高橋道場
高橋道場
ゲストコメンテーター

水谷惟紗久(日本歯科新聞・月刊アポロニア21 編集長)

(罫線)
もどる