今回のハテナ
> 平成20年5月4日放送分 「道路の値段ってどうなってるの?」
(罫線)
今回のねらい

莫大な税金で作られている道路。
一体、どの位の予算が立てられ、実際には、どのくらいの建設費がかかっているのか?
どの様に作っているのか?トコトン調べました。
今回のねらい
企画のポイント
■何がいくらするの?
道路を作るには、どんな材料を使って、その素材はどのくらいの値段なのか調査しました。クワバタオハラの2人と道路工事の専門家で、実際に道を歩きながら、アスファルト舗装、標識、信号機、横断歩道、歩道橋など、目に入る道路に関連するものの値段を細かく調べました。
   <(株)二進 奥野秀男さん>
   <「土木施行単価」道路付帯工事の費用などが都道府県別に細かく掲載>

企画のポイント


■ 高橋道場

道路のアスファルトや標識、ポールなど身近に目にするものを 実際に手に取り、どのように使うのか、値段はいくらなのかを 話しました。

高橋道場
高橋道場
高橋道場
道路工事の現場では?
もりちえみが道路工事の現場でリポート。
東京・青梅街道の渋滞緩和を目的に、片側1車線を2車線にする拡幅工事が行われている現場です。
総延長630mの道路を当初7年で完成させる予定でしたが、用地買収などが難航したことから工期が延びているとのことでした。
高橋道場
高橋道場
高橋道場
外国と日本の道路建設の違いは?
日本の道路建設と外国、特にイギリスとの違いを専門家に聞きました。
環境や物価、使用する材料などの違いがありますが、道路建設にかかる 費用にも違いがあることがわかりました。
<法政大学 講師 松下文洋さん>
高橋道場
高橋道場
高橋道場
低予算の道路とは?

補助金を使わずに、独自に道路を作った自治体を取材。
どのように作ったのか?どのくらいの費用がかかったのか?をリポートしました。
<長野県下水内郡栄村>

高橋道場
高橋道場
高橋道場
ゲストコメンテーター

島崎敏一(日本大学理工学部土木工学科 教授)

(罫線)
もどる