今回のハテナ
> 平成20年6月15日放送分 「洗濯ってどうしてる?」
(罫線)
今回のねらい

全自動の洗濯機が普及して、ボタンひとつで手軽に洗濯できるようになり、時間も手間も大幅短縮された。しかし便利になったことで、全て機械におまかせに。一般家庭で行われている洗濯は、水の量も時間も洗剤の量も多く、おまけにしっかり汚れが落ちておらず無駄が多い。そんな無駄を省いてキレイに仕上がる洗濯法なんてあるのだろうか?


今回のねらい
企画のポイント
■お宅訪問!洗濯方法をチェック!
機械に頼りすぎの洗濯になっていないか、一般のお宅にお邪魔して、全自動洗濯機を使っての洗い方をチェック。洗剤や水の量、洗濯物の入れるタイミングまでもが異なっていた。

企画のポイント


■環境への影響は?
埼玉県のある地域では洗濯排水がそのまま川へ流されている。そのためなんと洗剤で泡立つ川があるという。もりちえみが洗濯から流れ出たものなのか、川の実態を調査。

企画のポイント


■いまだかつてないトライ

全自動洗濯機で洗うと、水を使用量は果たしてどれだけなのか。排水される水を回収して量ってみる。必要量と比較してみると、どれくらい余計に水を使っていたのかが明らかになった。

いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
■ 高橋道場

昔ながらの洗濯方法、洗濯板を使って洗ってもらった。

高橋道場
高橋道場
高橋道場


ゲストコメンテーター

阿部絢子/生活研究家

(罫線)
もどる