今回のハテナ
> 平成20年6月29日放送分 「太陽光発電どこまで使える?」
(罫線)
今回のねらい

地球温暖化対策で、ますます注目されている、エネルギー問題。
使用の全体量を減らすことはもちろん大切。いっぽうで、CO2排出量の少ないエネルギー手段をできるだけ増やしていく努力も重要です。
中でも太陽光や風力などの自然エネルギーについては、環境に良くてクリーンで害がないということで、推奨を叫ぶ人が多くいます。しかし、立地・出力安定度・コストなどを総合的に考えると、そう単純な話でもないよう・・・
今回は太陽光発電に特化して調査します。



企画のポイント
企画のポイント

■〜メガソーラー施設を調査!〜

北海道稚内市で進められているメガソーラープロジェクトを調査。完成すれば約5000kW(一般家庭約1700世帯分)の太陽光発電所が出現することに。ここでは今、何が行われているのか?実用化に向けた課題とは?

企画のポイント

■いまだかつてないトライ
送電の無い場所での生活シミュレーション!太陽光発電でできた電気を蓄電池にため、どこまで過ごせるか挑戦します。どれくらい家電が使えるのか?

いまだかつてないトライ

いまだかつてないトライ

いまだかつてないトライ

■一般家庭はどう使ってる?


太陽光発電を利用している一般家庭の方は、どのように使っているのか調査。

企画のポイント

■高橋道場

送電のないところでも発電ができ、クリーンな太陽光発電。これを使った数々のグッズが生み出されています。実物を見てみました!

高橋道場

高橋道場

高橋道場

ゲストコメンテーター

柏木孝夫さん(東京工業大学統合研究院 教授)

(罫線)
もどる